NFLチャンピオンシップ

 1月はすっかりNFLばっかりの内容になってしまいましたな。でも、昨日のAFC、NFC両カンファレンスのチャンピオンシップが終わって、スーパーボウルまでは一息つけます。仕事の方も急激に立て込んできてしまって、正直「ヤバイ!」って感じ。とにかく、自分にムチ入れていかなきゃ。

 それにしても、やっぱりスーパーボウル出場を懸けた大一番だけに、これまでのような展開とは違って、いろんなドラマになるもんだ。先週までのような気楽な気分で、ああだこうだは言えない感じだった。

 先にあったAFC、ニューイングランド・ペイトリオッツとサンディエゴ・チャージャーズの試合は、序盤からゲーム・コントロールしていたのはサンディエゴの方だったのに、勝ったのはニューイングランドだった。

 とにかく、NEのQBブレイディが思いもかけない不調ぶり。これはサンディエゴのディフェンス陣のプレッシャーがキツかったせいだろうが、それにしても、3インターセプトもしでかすとは、全く持って驚かされたのだった。
 特に前半、サンディエゴは見事に自分達のゲームプランを実行して、うまくブレイディの調子を崩し、オフェンスにおいてはRBトムリンソンを欠いても、QBのリバース以下とても健闘して、いいドライブを繰り返していた。だが、レッドゾーンに入ってからは、ことごとくNEのディフェンスに止められて、結局4つのフィールド・ゴールでの得点(12点)しか取れなかった。これが、痛かった。

 方や、NEオフェンスは何とも不安定なブレイディではあったものの、ここぞと言う時のプレイをやり遂げ、また、後半はRBのマローニーとフォークの2人が大奮闘で、ブレイディを助けた。
 結果3TDを決めて、相手に比べ実に効率よく21点としたのだった。この辺の決定力の差を生んだのは、確かに個々の選手の活躍も素晴らしいが、何と言っても、的確なプレイコール選択が光ったベンチ・ワークだったと思う。
 今のペイトリオッツは、その戦略の巧みさにおいて、NFLでダントツにすぐれている存在であることを誰も否定しないだろう。

 さて、そんなNEのような「パーフェクトな」チームでも、ヒヤヒヤさせられる展開での勝利であったのだが、続くNFCのグリーンベイ・パッカーズとニューヨーク・ジャイアンツの試合はそれを遥かに上回る内容のとんでもない死闘だった。
 正直、見ててすっかり疲れきってしまったよ。おまけに、グリーンベイが負けたし。

 何しろ、マイナス17度で強風付きの条件で試合するなんて、尋常じゃない(名付けて「アイスボウル」)。だから、プレイにいろんな部分で大きな影響があったのは確かだ。よくまぁ、それでも体が動くもんだ。それだけで感心してしまう。テレビ画面見てるだけで、こっちは震えちゃうのに。

 なので、細かいことは言っても意味がない。とにかく、よりタフで頑張ったのはニューヨークの方で、今日の彼等は素晴らしかった。いろんなアクシデントや通常では考えられないようなミスが繰り返されても、最後まで冷静に戦い続けたことで、オーバータイムでのFGによる勝利をつかみ取った。

 応援していたグリーンベイのQBブレッド・ファーヴは2TDパスは見事だったものの、全体的には良くなく、インターセプトも2回献上した。オフェンス面での誤算はRBグラントをはじめ、ランが完全に封じられ、ボール・ポゼッションにおいてもニューヨークの半分という大差で、試合を相手にコントロールされてしまったことだった。
 それが、何とも焦ったようなオフェンスのパフォーマンスにつながり、ファーヴのパスも失敗が目立った。

 また、ディフェンス陣もここにきて若さを露呈したか、気負いの空回りとも言えるような無意味なペナルティを連発して、自ら不利な状況を導き出していたのだった。

 だが、それでも4Q終了の段階では20-20の同点だった。これは、ほとんど「神様のいたずら」のような出来事が度重なった結果だった。特に終了間際のニューヨークのFG失敗など、「まさに」というものだ。
 で、オーバータイムに攻撃権を得たグリーンベイに、ひょっとしたら幸運の女神が微笑むのか?と思った矢先に、ファーヴが痛恨のインターセプトをしでかしてしまった。
 そして、この試合ですでに2回もFGを失敗して、その度にチームを落胆させていたキッカー、タイタンズに、これぞ「3度目の正直」というチャンスが巡ってきてしまうんだから、ほんとにもう!

 これじゃ、ハリウッド映画じゃないの。そのクライマックスである、最後のキックはそれまでよりも長い47ヤードを決めるんだから、ちょっと出来過ぎだよね。
 で、38歳ファーヴと若いパッカーズのスーパーボウルへの道はここで絶たれたのでありました。うー残念だ、もっとファーヴの勇姿を見たかった。

 というわけで、いよいよ最終決戦「スーパーボウル」はニューイングランド・ペイトリオッツ対ニューヨーク・ジャイアンツの戦いとなったのでありました。
 私はニューイングランドの19連勝「パーフェクト・シーズン」達成による優勝を望んで、彼等を応援したいと思います。

 その前に、仕事片付けなきゃ!大変だぁ!
[PR]
by harukko45 | 2008-01-22 05:45 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31