JabBee@Star Pine's Cafe & MAKI@Velvet Sun

 11,12日とライブ2連チャンでした。

 まずは11日、JabBeeの吉祥寺スター・パインズ・カフェ。この日は、出演したもう一つのバンドのボーカル、Atsukoさん主催のイベントで、我々は当然最初に演奏しました。全編アンプラグド・サウンドという企画で、私は全曲アコピをプレイしました。
 このライブハウスはステージ上のサウンドが聞きやすいのと、広さも割と余裕があるのがありがたく、リラックスしたムードがあります。そのせいか、前回出た時もそうでしたが、演奏に伸びやかさが生まれる感じでした。
 なので、演奏している自分としてはすこぶる楽しくやれてましたが、ボーカルのシゲルさんは風邪による咳が止まらずに、本番前にも医者行ったりしてケアしてたけど、ステージでもその影響は残って、だいぶつらそうでした。

 でも、基本的にアウェイの状態で、初めてJabBeeを聞く人がほとんどだったのに、終わってからCDを買ってくれたり、声をかけてくれる人がいましたねぇ。全体のパフォーマンスとしてはこちらも充実感があったので、やはりうれしかったですね。
 とは言え、ただ楽しかっただけでは進歩がないので、あえて感じるのは、ライブとしてもう一押し何かが必要になっているかもしれないと言う事。どこかに大きなフックを作って行きたい感じ。もちろん、ヒット曲があれば簡単ですが、そうでなくてもステージングのピークを作り出せるポイントを生み出していくことが大事になってくるでしょう。

 さて、翌日のMAKIさんとのヴェルヴェット・サンでは、私のピアノのみでの内容。一転して、なかなか緊張感のあるライブでしたね。やった9曲全てが、アレンジとして簡単なものがなかったので、久々にシビレながらのぞんでおりました。
 でも、やはりこういう形式でのパフォーマンスは自分としてはやりがいがあります。どっちに転んでも演奏に関しては自己責任、プレッシャーも大きいけど満足度も高いというわけです。

 MAKIさんの良さは、やりたいことが明解なところ。なので、こちらもアクションがしやすい。それに対するイエス・ノーもはっきりしている。ある意味プロとしてつき合えるところが楽しいのでした。
 この日やった曲の中には、オリジナル以外にカヴァーが3曲入っていました。それも、ありがちな洋楽ものではなく、中村中の「友達の詩」、槇原敬之の「素直」、安倍なつみの「月色の光」と、全てJ-POPだったのが私には逆に新鮮で、これらの楽曲の持つ力を再認識しましたし、ピアノだけでやる時のアレンジメントにも大いに刺激になりました。

 ただ、全体的には当日リハーサルでやった時のようなリラックスした雰囲気ではのぞめませんでした。これはまぁ、初めてのトライという事とたくさんのお客さん達を前に、我々2人も自分達への期待も高かったから、ある程度はしかたないでしょう。
 でも、その割には短い準備の中、よくやれたと思いました。今後も何回かコンスタントに続けていろいろ経験することで、きっとどんどん良くなります。

 おっと、余談ですが、この日出たもう一つのバンドも良くて、いい演奏を聞かせてくれたのです。で、そのちょっとアーシーでいて、いろんな音楽が合体してるような感じが気に入ったオジサンとして、メンバーの人に「ザ・バンドみたいなところがあって、良かったよ」って声をかけたところ、彼は「ザ・バンド」を知らないらしく、それを「バンジョー」と理解してしまったようでした。
 もちろん、話はその後全くかみ合わずに終わるわけですが、オヤジ・ロック・ファンの私としてはただ苦笑するのみでした、ハイ。ジャンジャン!
[PR]
by harukko45 | 2008-01-13 16:44 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31