今年も仕事納め

 ライブの仕事はすでに今年は終わってましたが、打ち込みの作業と来年の打ち合わせを終えて、万事終了となりました。本年もいろいろな方にお世話になり、幅広い音楽活動をさせていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

 振り返ってみますと、まずは大橋純子さんとのサンフランシスコでのショウを皮切りに、なかなか充実したライブ活動が一年を通じて出来たと感じていますし、レコーディング制作の方でもこれまでとは違う方々と仕事をさせてもらい、とても刺激に満ちた時間を過ごす事が出来ました。

 二胡の名手ウェイウェイ・ウーさんの"China Blue"では4曲アレンジ、プログラミングとキーボードで参加させてもらいましたが、このアルバムはADLIB誌アドリブアワード2007の海外ワールド/ニューエイジ賞を受賞しました。ウェイウェイさん、おめでとうございます!私もスタッフに加われて本当に光栄です。ウェイウェイさんとは来年2月、ライブでもご一緒します。

 弱冠9歳のシンガー・ソングライター「ゆっぴ」さんのトラック作りもなかなかのイベントでした。彼女はデビューしたばかり、今後どうなっていきますか、楽しみにしたいですが、私はまだ1回も会っていないという状況。これも、現代らしい制作現場と言えるでしょうが、来年にはお会いしてみたいものです。

 また、AOR系の音楽ユニット「ルネイジャ」の新作でのレコーディングも面白かった。メンバーが皆個性的だったので、生演奏での録音が楽しかった。こちらも来年はライブでも参加予定です。それと、12月に入ってバタバタした状況の中レコーディングした廣野有紀さんとのセッションも、やはり好ミュージシャンが集まってくれたおかげで、実に良い出来になりました。今は亡き安井かずみさんが作詞された曲を集めたミニ・アルバムという企画でしたが、生演奏の良さが生きた仕上がりになっています。

 そんな中、私としては去年の暮れから今年の始めにかけてずっと力を注いできた水越けいこさんの新作が、思わぬ事情で制作中断になってしまったのが、何とも残念です。その内容がとても良かっただけに、是非とも状況が好転して、制作が再開されることを切に願っています。

 それと、夏ぐらいからどっぷりとはまった「フランスもの」、サカイレイコさんとのデモ作りは自分にとってもかなり勉強になりましたし、新たな世界に導いてくれた感じでした。彼女とは来年2月に南青山マンダラで、ライブすることになりました。私にとってはお初の試みも多く、新年早々から練習と研究に没頭することになりそうです。

 もちろん、このところレギュラーで参加させてもらっているMAKIさん、それとJabBeeとのライブが新年すぐにあります。こちらも頑張って盛り上げて行かなくちゃね。

 そんなわけで、今年一年ありがとうございました。皆様にとって来年が良い年でありますように!
[PR]
by harukko45 | 2007-12-30 01:44 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31