タケカワユキヒデ/長野東御(とうみ)市

 いやー、何とか無事に家に帰ってこれました。8日のスーパーライヴの興奮冷め止まぬうちに、次の日に私と土屋さんはタケカワユキヒデさんのコンサートで、長野東御市に向かいました。
 ほんと、タケさんの仕事では、今までに行ったことのない場所にうかがう機会が多い。今回もまさにそのケース、それも地元の方々による手作りのコンサートであり、前半を長野在住のアマチュア・バンドの皆さん3組が演奏し、後半をT's Companyのパフォーマンスとなったのでした。

 正直、電車で移動中は、私とオッサンは前日の武道館話で盛り上がり、あそこはどうだった、誰々がよかった、ここはもっとこうすれば良かった、あん時は大笑いだった、などなど話は尽きない感じでしたが、到着してからはお互いスパっと頭を切り替えてコンサートにのぞみましたよ。

 何しろ、ファンの方ならご存知でしょうが、タケさんがこの12月になると必ずやる「クリスマス・ソング・メドレー」、それも20分近く続く内容のものを今年もここでご披露するわけで、そりゃ否応なく集中しないといかんわけです。
 個人的にも、このメドレーは好きですし、なかなかよく構成されていると思っているので、大変は大変なんだけど、うまくいけば喜びも倍って感じです。
 
 m9.クリスマス・ソング・メドレー/ジングルベル〜Santa Claus Is Coming To Town〜ジングルベル〜Let It Snow〜ジングルベル〜White Christmas〜ジングルベル〜Deck The Halls〜ジングルベル〜I Saw Mammy Kissing Santa Claus〜ジングルベル〜赤鼻のトナカイ〜ジングルベル〜The Christmas Song

 で、この内"Let It Snow""I Saw Mammy...""赤鼻のトナカイ"の3曲を前半に出演されたアマチュア・バンドの皆さんにそれぞれ歌ってもらったので、このメドレーをやった時にはステージ上にたくさんの人が集って、なかなかにぎやかなものでした。
 そんな高まったムードも手伝って、結構良い出来だったのではないでしょうか。オッサンはギター弾かないで、ここではずーっとベース弾いてましたけどね。最初のうちは、さすがのオッサンも慣れない感じだったけど、本番では「ノってきちゃったよ!」などと余裕をかましておりました。ヤレヤレ。相変わらずマイペースだわ。

 この前にやった曲達もいい感じでこなして来ていたのですが、どうやらメドレーが終わってホっとしたか、つづく"ビューティフル・ネーム"があまり良くなかったのが悔やまれます、特に私が。だいたいテンポが早かった。それで、イントロのフレーズがかなりグチャグチャしてしまいました。うー、残念無念です。かなり反省。
 でも、アンコールでの"999"は倍返しで頑張りました。

 ということで、私のタケカワさんとの仕事は今年はこれが最後、一年間ありがとうございました。タケさんの音楽へは、年々思い入れが深くなっていくように感じているし、来年も何本かすでに決まっているので、常にいい状態にしておくように心がけていかなくては。
[PR]
by harukko45 | 2007-12-12 12:00 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30