オリンピック予選/U-22日本0-0サウジアラビア

 とにかく、良かった。ホっとした。かっこ良く勝つことはできなかったが、何とかしのいで、見事北京オリンピックへの切符を手にしたのだから、万々歳です。
 今日の試合に関しては、何が何でも結果が全て。そりゃもちろん、勝って欲しかったけど、こういうギリギリの戦いの中、0-0で何が起こるかわからないのを、ドキドキしながら見守っていくのも、サッカーにおける真剣勝負を観戦する醍醐味なんですね。
 そういった点では、いろいろと心配させた今回のオリンピック代表だけに、喜びと同時に安堵感ていうのが、強いのだった。
 それに、オシムさんが倒れた直後だっただけに、その思いはなおさらなのだ。

 最後は精神力の勝負って感じだったけど、先発した11人は最後までよく走りまわって、相手の攻撃をつぶしに行っていたと思う。こっちも「頑張れ」としか言えないわけで、耐えて耐えて耐え抜いた90分間でありました。
 試合開始直後8分過ぎの大ピンチには心臓が飛び出そうだったけど、その後は本当に頑張り抜いたと思う。
 U-22代表は大きなプレッシャーの中、よくぞ乗り越えてくれました。ありがとう、そしておめでとう!

 こういう試合は予選ならではだね。とにかく、良かった。ホっとした。疲れた。
[PR]
by harukko45 | 2007-11-21 22:40 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31