U-22日本0-1ボツワナ

 中国瀋陽でのプレオリンピック大会はいろんな意味で酷い大会だった。まずは、U-22日本代表はJ・リーグのオールスター戦やら、アジア・カップとの兼ね合いやら、怪我人もいて、今回ははっきり言って2軍でした、ハイ。なので、大変出来が悪かったです。勝った北朝鮮戦は活躍したのが、W杯終わったばかりでイキの良かったU-20世代の安田、梅崎、森島あたりだけだったしね。
 2戦目の中国戦は、よく守ってしのいで耐えたってところは評価するけど、このチームで勝ちきるのはむずかしいというのを確信させるものだった。ただ、この試合で最も酷かったのは、中国人審判団だったわけで、日本の出来の悪さはあまり目立たなかったかもしれない。

 国際大会、それもオリンピックのプレ大会において、全試合中国人が審判するという不可思議。それも、中国戦においても第三国の審判を使わない非常識さ、国際感覚の欠如に呆れるばかり。
 何か、昨年のベースボールWBCアメリカ大会において、アメリカ人による審判団で仕切ったのと、どこか共通する意識は感じてしまうではないか。
 個人個人には全く恨みもないし、尊敬する方も多いが、ことオーガナイズされた状況だとアメリカと中国というのは、同じように傲慢で覇権主義的な対応をするというのが、またあらためて証明されてしまいましたな。

 正直言って、北京でのオリンピックはまともな大会になるのか?少なくとも日本が出る種目全てに、いろいろと問題が降り掛かってきそうではありませんか?
 ヨーロッパの何カ国かからも、この段階において中国のスーダン・ダルフール紛争への関与を取り上げて「オリンピック・ボイコット」の動きも出始めているしね。

 まぁ、中国への批判はほどほどにしておきましょう。

 で、我らが代表の最終戦、対ボツワナは最低の試合ぶりでありました。夜中に見ていて呆れましたし、腹も立つし、不安になるし、情けなかった。確かに主力の多くを欠いた急造チームではあったが、全員がプロとしてサッカーしているとは思えないようなていたらくぶりに、安倍内閣ではないが、人心一新しろって言いたくなる。
 たぶん、反町監督も相当なお怒りだったので、そうなるでしょう。この前にあったアジア・カップでのA代表同様に、関係者の皆さんには、世界との戦いで「使える選手、使えない選手」の見極めにはなったことでしょう。が、見守るサポーターには失望と不安ばかり募る現状のU-22代表ではないか。もうオリンピック最終予選は今月22日からだぞ!

 この短い時間で、どのように立て直すのか、相当な危機感を持ってのぞんでほしいものだ。これで、オリンピック予選敗退してしまったら、日本サッカーは一気に暗黒に陥るかもしれない。
[PR]
by harukko45 | 2007-08-06 04:47 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31