もうちょっとなんだけどねぇ、マリナーズ

 我がシアトル・マリナーズは、7月後半に7連敗して非常に心配させたものの、その後オークランドに3連勝、宿敵エンゼルスにも2勝1敗、続くボストンの3連戦の初戦をベタンコート、城島の活躍で勝利、いよいよ西地区首位、ワイルドカード首位が見えてきたのだった!!!

 そして本日、試合開始の時点でエンゼルスはすでに敗戦、中地区のクリーブランド、デトロイトそろって負けたので、今日勝てばエンゼルスに1.5ゲーム差、ワイルドカードではついに首位に立つことになるのである!!

 が、しかし!

 こんな時に相手は松坂であった。私としては、シアトル戦でなければダイスケの13勝のために応援したいところだが、今日はそうはいかん。何としてもシアトル打線が彼を打ち込んで、ノックアウトしてもらわねばならん。

 結果は、残念なものになった。イチローは元々松坂を苦手にしているが、それにしても今日は完璧に封じ込まれ、正直シアトル打線が爆発できなかった要因にイチローがことごとくブレーキだったことを言われてもしかたのない内容だった。

 松坂は全体に、というか今シーズンのほとんどがそうだが、良くもなく悪くもなく的な投球ではあったが、それでも単発ホームランによる2点にシアトルを抑え、10三振を奪ったのだから好投したということになるのだろう。
 なので、6回99球で降板してくれりゃいいものを、次の7回まで続投されたのがシアトルには痛かったか?100球目をベタンコートがホームランしたのは良しだったが、その後のイチローが続いてくれなくてはねぇ。
 だが、とにかくだ、8回にガニエが来たときには、それまで沈黙のシアトル打線が蘇るのではと感じた。
 その思いは的中、城島のあのレフトへの飛球がもうちょっと高く上がってスタンドインしていたら!!!!
 粘り強く1点差に詰め寄って最終回に期待を持たせたが、結局届かなかった。イチローは、4打席松坂に翻弄された悪影響か、9回でのパペルボンとの対戦での三振は、まったく「らしくない」スイングでガックリさせられた。せっかく、ライバル・チームが敗戦していただけに、残念で悔しい試合だった。うー、マクラーレン監督になってからはまさに一進一退の苦しい展開が続く、あともうちょとなんだけどなぁ!

 とは言え、勝負だからしかたない。ボストンだってヤンキースの姿が後ろに見えてきているから、負けるわけにはいかないしね。とにかく明日のデイゲーム、シアトルとしては相手エースのベケットを何が何でも打ち込んで、このシリーズ勝ち越してほしい。そしてまずはワイルドカードで首位に立とうではないか!!!!

 とりあえず、ダイスケには13勝おめでとうと言いたい。が、もう二度と応援しないからね、後は自力で頑張ってちょうだい(?)。燃えよイチロー、頑張れマリナーズ!
[PR]
by harukko45 | 2007-08-05 15:29 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30