MAKI/荻窪ヴェルヴェット・サン

 29日はMAKIさんのライブ。おなじみ荻窪ヴェルヴェット・サンでのアコースティック・セットでの演奏でした。ヴェルサンでの彼女のライブは常に超満員になるのだが、この日はもう一つのユニットのお客さん達も多数いらっしゃっていて、これまた大変なもんでした。

 ただ、私としては久々に生ピアノを弾けてうれしかったな。やっぱり生の楽器はちゃんと反応があっていい。それに、よっぽどのことがなければ音が出なかったり、こっちのコントロールが効かなくなることなんかないしね。

 ライブ・パフォーマンスとしても、もう最近のMAKIちゃんのボーカルは安定していて、エネルギーがあるのはもちろん、歌い方にも余裕が出てきています。その影響もあって、バンドサイドもアコースティック・セットならではの力の抜けた感じでプレイするようになってきました。
 なので、ロックバンド・セットでのアレンジをそのまま持ってきても、あまり意識しすぎずに自然とリラックスした内容になっているのが、とてもいいなと感じました。
 やはり、定期的に演奏しているとバンドも曲もこなれてくるし、いろいろな部分で成長していくのでありました。まぁ、これが基本だわな、うん。

 お客さん達は、前述したようにもう一つのユニットお目当ての方が半分だったので、全体としては熱狂的に盛り上がったって感じにはならなかったけど、パフォーマンスとしてはちゃんとしたレベルに達していたと思います。
 いつものオリジナル以外にも、彼女が安倍なつみさんのために詞を書いた"月色の光"もやってみたら違和感なく、なかなか良い曲なので感心してしまいましたよ。

 とりあえず、私としては連日のライブで疲労は溜まっているのは確かでしたが、とても気持ちがリフレッシュ出来たように感じました。こういうアット・ホームな環境で演奏することは今後とも大事にしていかなくちゃね。ヴェルサンに感謝、MAKIちゃんに感謝です。

 さて、昨日30日は久々にリナンさんのリハがあり、何と8月3日には再びヴェルヴェット・サンにてライブです。この日はヴェルサンの5周年記念イベントで「女の子デイ」(?)なのだそうです。MAKIさんも再び登場するので、私は掛け持ちです。

 そして今日からジュンコさんのクラブサーキット再開で、名古屋ブルーノート2daysです。名古屋方面の大橋純子ファンの皆さん、乞うご期待!盛り上がりましょう!
[PR]
by harukko45 | 2007-07-31 02:04 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31