アジア・カップ/日本1(PK4-3)1オーストラリア

 あー、疲れた。内容だけみれば、日本の圧勝ってとこなんだけど、サッカーっていう競技はなかなか不条理なもので、PK戦にまでもつれてしまったわけで。

 前半の序盤のみ、オーストラリアは果敢に前からプレスしてきたが、すぐに全体に足が動かなくなり、ほとんど自陣に退いてしまっていた。彼らにはよほど東南アジアの気候がこたえたようで、ほとんど危険な状況はなかったし、今日の中澤はほぼ完璧で、ビドゥカを1本のシュートのみに封じ込めていた。
 攻撃もボランチから縦パスがきちっと前線に入り、二列目からの突破も有効だったし、サイドからの崩しのチャンスも何度もあり、得点するのは時間の問題というムードだった。あともう少しで仕上げられる状況、だが、そこでなかなか決められないで、勝利の女神から見放されるという結果に危うくなりかけた。

 今日のオーストラリアの攻撃では、それしか可能性のないセットプレーでの失点に、正直青ざめたが、どう考えても足の動かない相手にこのまま守りきられるようなことがあっては、彼らも日本には帰れないと感じたのだろう。直後に、まさにプロ中のプロ、代表の中の代表としての風格さえ感じられてきた高原のスーパーなシュートでの同点は、実に見事だった。

 おまけに、グレッラが一発退場になり、その前からビドゥカはいない、ブレシアーノもアロイージも下がった、キューウェルは足を怪我している。そんな中、何とか時間内に決勝点をゴールに叩き込んでほしかったよ、全く!
 丁寧にパスを回すのは結構だが、それにしても果敢なトライや仕掛けをもっとやって欲しかった。特にサイドからのエグリは少なかったし、 クロスの精度の悪さもいただけなかった。そういう点では加地、駒野、今野は物足りなかったし、ちょっとがっかりだ。

 そうこうするうちに、それまで良かった中村憲あたりにポカが目立つようになり、過去2試合絶好調だった遠藤も今日は全体に不調のままで、逆にオーストラリアの守備陣をのせてしまったとも言えるか。とにかく、ギリギリでオーストラリアも強靭な精神力で守りきったのだった。

 PK戦って、ほんと嫌だ。こんなことで勝敗が決まるっていうのが辛いね。だが、これがサッカー。

 で、川口様再びだ!今度は最初に2本止めてしまったのだから、相変わらず彼には神がついているよ。ただし、キッカー一人目が足の怪我持ちのキューウェル、二人目は試合中に足をつっていたニールだったというのも運があった。メンバー交代といい、PKの順番といい、アーノルド監督の采配には敵とは言え「?」が多く、これにも助けられたと思う。
 日本は高原が失敗して嫌な感じだったが、今日絶好調、気合いも充実していたであろう中澤が決めてくれて、ほんと良かった!もう、こういうのは心臓によくありません。もっとスカッと勝ってくれー!
 でも、まぁこれが真剣勝負の戦い。前回大会も死闘ばかりだったしね。とにかく、これでベスト4進出。一応アジアにおけるワールドカップ出場枠4に食い込んだのだから、大きな課題をクリアしたと言えるだろう。さて、後は3連覇に向けてばく進するのみ!
[PR]
by harukko45 | 2007-07-21 23:01 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30