ガハハのリハーサル

 12時10分、私は六川さんを車に乗せ、第三京浜から横羽線へ、一路平和島に向かっていた。天気もいいし、なんだか今日はポカポカしてとっても気持ちがいい。春の兆しを感じさせるすがすがしさだ。

 「なんだね〜、もう花見すっぺか〜て気分でなぁいかぇ〜。」

 「そっだな〜。なん〜か、気持ちいぐってぇ〜、さぼっちまうか?てぇ〜ノリだあ〜ね〜。」

 「ちょっと、あんたさ〜、なにナマッテンノヨ。」

 「そういう、アンタだってぇ、なまってんじゃないのぉ〜。だいたいさぁ、東京っカゼふかして、べらんめぇ〜でシャベってっと、ツガレネェッカ?」

 「ツガレルゥ、ツガレルゥ。たまに、いんちきトウホグ弁しゃべってっと、なんかナゴむのよねぇ〜。」

 「なにぃ〜、あんた、トウホグ弁しゃべってんの?おらぁ〜、いんちきホッキャアドウ弁しゃべってんだけどねぇ〜。」

 12時40分、平和島で高速を降りて、目指すは東京流通センターにあるSound Crew Studioだ。

 「しっかしよぉ〜、あんたさぁ〜、たまにホッキャアドウ弁とかいってさ、『でな〜ぃかぇ、でな〜ぃかぇ、でな〜ぃかぇ』、って3連発でクレッシェンドかけたりしてるっしょ。」

 「そっがなぁ〜。」

 「そんだよぉ〜、そうすっとさぁ、ズンペイさんがさぁ〜、『北海道の人はそんな喋りはしません!』って、けっこうマジになんねぇか?」

 「そっがぁ〜?」

 「んだよぉ。だけんど、あんたときたら、『いいんや、ホッキャアドウじゃあ、みんないってた、いってた!』とかいってぇ、『でな〜ぃかぇ、でな〜ぃかぇ』をフォルテッシモで6連発ぐらいカマしてねえか?」

 「さあ、おら〜、昨日のメシさら覚えてねえことにしてっから。おあいにぐさま!」

 12時45分、Studio到着。おや、ハマちゃんがもう来てるね。あ、タマちゃんもいるね。おや、ミケもいたの。ヨシヨシ。

 13時00分、セッティング開始。

 13時30分、ここまで来るのに、家から3時間かかって、後藤さん到着。ゴクローサンデスゥ。

 14時00分、大橋純子さん到着、リハーサル開始。

 15時30分、濱田君のあまりにすばらしい演奏に一同感動。

 「なんだよぉ〜、ハマちゃん!あんた、まるで昔っから、このバンドにいるみてぇでねぇの。」

 「そんだねぇ〜、あんたが一番古いメンバーみてぇだなぁ、いやぁ〜、ミューズィシャンのカガミだ、カガミだ。」

 「あ〜、カガミだぁ、カガミだ。」

 16時25分、ウエちゃん到着、こちらが演奏中にもかかわらず、デジ・カメで写真撮影を始める。

 「こらぁ〜、あんた何考えてんの〜、そんなことしてっと、ホームページ制作専門にしちまうよ。」

 「ほんとよぉ〜。だけんど、こうやってシャベってっとよ、オコってても以外とナゴマネ〜カ?」

 「ん〜、ナゴム、ナゴム。」

 18時20分、無事、ハマちゃんセッション終了。食事をかねて休憩。

 20時00分、ウエちゃんセッション開始。

 21時10分、植村君のあまりにゲバゲバな演奏にまたまた一同感動。

 「ウエちゃん!さっきのことは取り消すよ。あんた、ほんとにゲバゲバだぁ〜。」

 「んだぁ、ゲバゲバだぁ、ゲバゲバだぁ〜。」

 「何だぁ、ゲバゲバって?」

 「いいんだよぉ〜、ゲバゲバはげばげばだよぉ〜。」

 21時55分、ウエちゃんセッション終了。満足できる内容のリハーサルをやり遂げて、心地よい疲労感が私達を包む。

 22時15分、軽い雑談の後、各自帰宅の途へ。じゃあ、本番よろしくね!

 22時45分、車は第三京浜の都筑インターを降りる。六川さんの家はもうすぐだ。

 「しっかしよぉ〜、あんただってさぁ〜、トウホグ弁とかいってさ、『ロッグのこごろは、トウホグ!』ってディレイかけて、トバしてっでしょ〜、あれぇ、いいかげんにやめとがねぇと、コーラスのふたりに、けっこうヒンシュクかってるよぉ〜。『さむい』ってよぉ。」

 「そっかぁ〜、あのふたりにケムタガラレっと、サビスィ〜イきもちになっちまうからねぇ〜、ほどほどにしねぇとなぁ。」

 「気をづけなよぉ〜。」

 「ん、気をづけるぅ、御忠告ありがどうごぜえますだ。そっだら、ロクさん、おづがれさん!」

 「おづがれさん!」

 23時10分、私は帰宅した。今日はぐっすり眠れそうだ。
[PR]
by harukko45 | 2001-02-21 16:08 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31