渋滞30km耐久マッチレース

 【スタート:それぞれの自宅、ゴール:山梨県甲府昭和町、押原小学校特設ステージ タイム・リミット:サウンド・チェック開始午後1時30分まで。】

 2001年10月7日、レース当日、天気も良好。絶好の行楽(?)日よりじゃね〜か!

 Aチーム・ドライバー、植村昌弘は意外とある部分において、手堅い側面をもっている男である。彼はスタート前にインターネットで、この日の交通情報を着実につかんでいた。「中央高速、大渋滞必至、甲府まで4時間か?」すぐさま、パートナーの加塩明子に連絡をとり、10時待ち合わせを1時間繰り上げて、環7で合流、9時30分には永福町から首都高速に入っていた。

 一方、Bチーム・ドライバー、和田春比古はその前日、マネージャー・カルメン・オザワに地図をおねだりして、パートナーの六川正彦には、「翌朝10時に、ご自宅にお迎え参上します。3時間ありゃ、大丈夫でしょう。」と告げていた。六川も「ぜ〜んぜ〜ん、だいじょぶだぁ〜。」と返した。当日、和田はモーニング・コーヒーをゆっくりとすすりながら、やはりインターネットを見ていたが、こちらはその朝おこなわれていたサッカー・ワールド・カップ・ヨーロッパ予選の結果をチェックしていたのだ。
 「さて、ぼちぼちロクさんちに向かうとするか。」

 とその時、彼の携帯が鳴った。
 「ハイ、あ、アッコちゃん、ど〜したのかな?朝から僕の声が聞きたかったの?今はまずいですよ、女房がそばにいますからね。」
 「バカイッテンジャナイヨ!まだ、スタートしてないの?信じられない!こっちは永福にいるんだけど、渋滞30kmってでてるよ。もう大変なんだから。わざわざ、連絡してあげたんだからね。遅刻してもネエさんは知りませんからね!」

 とはいうものの、もうすでに9時45分だから、結局当初の予定通り、六川家には10時にしか着かないのだ。さして動揺もせず、和田は車をスタートさせた。そして、ピッタリ10時六川家着、すると奥様がでて、「今、犬の薬を取りに、病院に行ってるから、ちょっと待っててくれます?」で、お宅におじゃまして、コーヒーなど頂くことに。
 「DVDでも見る?新しく買ったのよ。サラウンドにもなってるんだけど、あれ、写らないな〜。変ね〜。」でもって、二人で原因究明にしばし費やすが、結局配線がおかしいのではということになった。DVDは写らずじまいだったが、六川がやっと戻ってきたので、出発することに。時間はすでに10時15分であった。

 「ふ〜ん、でもさあ、渋滞って、ひっかかる時間ってあるからさ。ウエちゃん達は早く出過ぎてる訳よ。」
 「そうかもね。それより、久々に車でつるんでいくのはやっぱ気分がいいすね。」
 「ん〜ほんとほんと。」

 この後、気分上々のBチームは、ずっと喋りっぱなしであった。なんで、そんなに話題があるのか不思議なくらいである。だが、六川は少し心配もしていた。なにせ和田という男は、話が盛り上がってくると、頭に血が上ってしまい、道のことなど、どっかにいってしまうからだ。かつて、これと同じ状況で、渋谷に向かうはずが、話に夢中になったまま目黒に行ってしまったことがあるのだ。大体、彼は家のまわりの道路もよく把握できていないのだ。よって、べらべら喋りながらも、六川の適切なナビゲーションによって、国立インターから、中央高速にのり、甲府昭和をめざすことに。時刻はまもなく11時になる。

 高速に入って、さすがに車は多かったが、割りとスムースに動いていた。
 「イェ〜イ、ほ〜ら、別に大丈夫じゃん!大体、ウエちゃんの性格、考えてみなよ。あういう頑固で入り込みやすいヤツに限って、慎重にするとかえって、渋滞とかにはまるのよ。そこいくと、俺達みたいに心が大きいと、神様も味方してくれるってこと!ガハハハハハぁだ!」

 一方、地獄のような大渋滞をなんとか凌いで、ひたすら目的地に向かうAチームでは・・・・。

 「ねえ、ウエちゃん、もうだいぶ近いからさ、ドライブ・インで休憩しない?おトイレも行きたいし、なんか食べようよ。」
 「何言ってんすか!これからも、何が起きるかわかんないんですから。ノンストップで行きます!トイレなんか我慢してください!」
 「エ〜、ウッソー!ムゥ〜この恨みはいつか晴らしてやる。」
 「エ、何か言いました?」
 「イイエ、なんでもございません!あ、電話だ。もしもし、あ〜、和田さん。どうそっちは。」

 「うん、今ね、藤野でトイレ休憩してるとこ、そんでもって、二人でアメリカン・ドッグ食べてんの。」
 「ナ、ナ、ナニ〜、ア、ア、アメリカン・ドッグ、た、た、食べてるって。あたしなんか、人質みたいな扱い受けてるっていうのに!」
 「ところでさ、渋滞なんかあった?こちとら、スイスイできたよ〜ん。」
 「もしもし、ワダさんですか、ウエムラです。言っときますけど、そんなとこで、のんびりしてると、遅刻しますよ。絶対に!」
 「はいはい、ありがとさん。じゃ、ぼちぼち、こっち出ますわ、ほなね。」

 「ギャ〜!!!ウエちゃん、アメリカン・ドッグ買ってよ、買ってよ!食べたい食べたい!」
 「ダメです!むむむ、憎たらしいことだが、正義は必ず勝つのだ。こんな不条理がいつまでも続いてなるものか。」

 ひとしきりドライブ気分を満喫していたBチームだったが、大月あたりから、ピタっと動かなくなってしまった。ついに渋滞にはまった。いや、植村昌弘の怨念か。
 「ありゃ〜、こんなとこで動かなくなるとは。」
 「いいや、大丈夫だ。俺には見える。俺達二人が、午後2時ぴったりにステージ横にスタンバイしている姿が!」
 「オオッ、なんと素晴らしい予言でしょう!」

 しかし、やっと車が動き始めたのは、勝沼をすぎたあたりからで、時刻はもう午後1時を過ぎていた。和田は猛スピードで運転し始めた。
 「ヒャッポー!イケイケ、ゴーゴー。スピード速いの大好き、大好き。」しかし、六川はアメリカン・ドッグを食べた満足感からか、く〜く〜寝てしまった。
 「いいよ。オイラひとりでガンバルッチャ!」

 その時、Aチームは現地に到着していた。
 「やった!勝ったぞ!どうです、アッコさん。ぼくらの勝ちですよ。」
 「何が勝ったよ。じょうだんじゃないわ!」
 「え、どうしたんです?何で機嫌悪いのかな?女はわからんな〜。」

 六川の心配は甲府昭和インターを降りてから、的中してしまった。地図とは反対の方向に向かっているのに彼は気がついた。
 「あやや、これ、反対じゃない?絶対、逆だよ。」
 「エ〜、嘘でしょ〜。ヤバイ、ヤバイ。」

 結局、Bチームの到着は、リハーサル時刻の2時をとっくに過ぎた、2時20分であった。
 「いや〜、申し訳ない、申し訳ない。」待っていた他のメンバー、スタッフに平謝りの和田と六川であった。もちろん、そこには、勝ち誇った表情で、植村昌弘がいたのである。このレースの結果は、Aチームの圧勝で終わった。完膚なきまで敗れ去ったBチームではあったが、リハをこなしてからの楽屋では、何事もなかったかのように、はしゃぎまくっていたのが印象的であった。これに関しては救いようがないと思われる。ジャンジャン!
[PR]
by harukko45 | 2001-10-09 00:00 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31