イチローと国民栄誉賞とバンマスの栄誉について(お題by植村編集長)その2

 そもそも、「国民栄誉賞」とはなんぞや?

 『国民栄誉賞は、栄典とは異なるが、内閣総理大臣表彰(総理府内閣総理大臣官房人事課で所掌)の一つ(その中でも最もポピュラーなもの)であり、同賞は、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった方に対して、その栄誉を讃えることを目的」として1977(昭和52)年8月(福田内閣時代)に創設された。』

 私の記憶では、読売ジャイアンツの王貞治選手のホームラン世界記録の達成を讃えるため、政府も何かできないか?といったことがきっかけであったと思うのだが。であるから、第一回の受賞者は王選手で、その後、現在までに15人の受賞者がいるので、表にしてみることにした次第。

1王 貞治   1977年9月5日
     ホームラン新記録達成の功
     1977年9月3日に記録達成
2古賀 政男   1978年8月4日
     「古賀メロディー」作曲による業績
     1978年7月25日に死去
3長谷川 一夫   1984年4月19日
     真摯な精進 卓越した演技と映画演劇界への貢献の功
     1984年4月6日に死去
4植村 直己   1984年4月19日
     世界五大陸最高峰登頂などの功
     アラスカで行方不明
5山下 泰裕   1984年10月9日
     柔道における真摯な精進 前人未踏の記録達成などの功
6衣笠 祥雄   1987年6月22日
     野球における真摯な精進 前人未到の記録達成の功
7加藤 和枝(美空ひばり)   1989年7月6日
     真摯な精進 歌謡曲を通じて国民に夢と希望を与えた功
     1989年6月24日に死去
8秋本 貢(千代の富士)   1989年9月29日
     真摯な精進 相撲界への著しい貢献の功
9増永 丈夫(藤山一郎)   1992年5月28日
 歌謡曲を通じて国民に希望と励ましを与えた功 美しい日本語の普及に貢献
     1993年8月21日に死去
10長谷川 町子   1992年7月28日
  家庭漫画を通じて戦後の我が国社会に潤いと安らぎを与えた功
     1992年5月27日に死去
11服部 良一   1993年2月26日
     数多くの歌謡曲を作り国民に希望と潤いを与えた功
     1993年1月30日に死去
12田所 康雄(渥美 清)   1996年9月3日
 映画「男はつらいよ」シリーズを通じ人情味豊かな演技で広く国民に喜びと潤いを与えた功  
     1996年8月4日に死去
13吉田 正   1998年7月7日
     「吉田メロディー」の作曲により国民に夢と希望と潤いを与えた功
     1998年6月10日に死去
14黒澤 明   1998年10月1日
 数々の不朽の名作によって国民に深い感動を与えるとともに世界の映画史に輝かしい足跡を残された功
     1998年月9月6日に死去
15高橋 尚子   2000年10月27日
     女子陸上史上初の金メダル獲得で国民に感動を与えた功


 これを見て気づくのは、スポーツ選手は現役・あるいは引退時に受賞しているが、芸能・芸術関係の受賞者は死去のさいに送られたケースがほとんど(藤山一郎さんを除く)であるということだ。個人的には、美空ひばりさん、服部良一先生、黒沢明監督には生前から、こういった栄誉がおくられるべきだったと思うし、その功績がタイムリーでインパクトの強いスポーツに比べて、芸能関係が多少軽んじられてはいないかとも思えてくるのだ。

 だからというわけじゃないけど、やっぱ、この賞はなんか胡散臭く感じちゃうんだな〜。ここに並ぶ人達の素晴らしい功績に対して、それを簡単なものに表しちゃって、本当の敬意にやや欠ける気がするのだ。他にもっとスマートな表現の仕方ってないものなのかな?そもそも、わたす方の政治家や官僚が国民から尊敬されてないんだから、いかにも宣伝に利用しているなんて勘ぐられてもしょうがないんじゃない?

 要は、後付の賞なんかでお茶を濁すより、文化・スポーツへの常日頃の取り組みのお粗末さを、もうちょっと政府・お役人は考えてみたほうがいいんじゃないかということだ。ジャンジャン!

 ところで、編集長からのもうひとつのお題、「バンマスの栄誉について」。結局のところ、他のバンマスがいかなる仕事ぶりで、いかなる栄誉を受けている存在なのかどうかは知り得ず、自分のことしかわからないわけで、そこから判断するに、バンマスとは、ちっとも栄誉に浴するような職ではないのでありまして、今までも、そのような扱いを受けた例しがありません。

 バンマスはバンドをまとめる役目ということになりますが、実は他の人がやらない雑用が主な仕事にふくまれますし、また、一般にバンド内部というのは、上下関係もなく、いたって自由奔放なムードなのです。とかく、個を捨てること(犠牲にすること)が、全体(チーム)に貢献することであると語られがちな日本ですが、それはチーム・プレイというものへの誤解であって、実は卓越した個人プレイ・個性が、生かされていなければ、本当のチームプレイ・全体への貢献は成り立たないはずなのです。極端な話、メンバー全員が自分の得意なことをやり尽くすことがチーム(バンド)への最大の貢献になり、そのチームは真に強いチームとなりうるのです。

 そういう環境をつくり、気を配るのがバンマスの本当の役目と考えておりますので、実際のオイシイ部分は他のメンバー、もちろんジュンコさんをはじめとするフロントの皆さんが持っていくわけで、私など、とかく栄誉とは全く無縁なのであります。でも、たまにはみんなに誉めてもらいたいわ〜、なんちゃって。

 それでは、お後がよろしいようで。
[PR]
by harukko45 | 2001-11-02 00:00 | 日々のあれこれ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31