オッサン登場

 9月29日の愛知県刈谷、10月7日の山梨県甲府、同13日の静岡県日本平と、ちょうど一週間に一度のペースでおこなわれたライブは、言ってみれば「秋のお祭りツアー」ってところかな。それぞれ、風光明媚なお土地柄、公園や広いグラウンド、高台のホテルで、久々に解放感あふれる演奏をさせてもらい、心身ともに深まる秋にむけて益々充実してまいりました。やはり、コンスタントに演奏する機会があることが一番の喜びなのです。そして、それに続くのは、私命名「Welcome! オッサン・ツアー」であります。

 土屋潔さん(通称:オッサン)は、その素晴らしい演奏ぶりと誠実な人がら(そして時にみせる過激(?)な言動もふくめ)で、我々ミュージシャンの間でもずっと尊敬を集めている人物で、ジュンコさんを昔からご存じの方なら、彼が「美乃家セントラルステイション」の中〜後期に加わっていた名ギタリストであることは、十分ご承知のことと思います。

 10月20日の熊本、11月3日の神戸のライブを、レギュラーのタマちゃんがゴスペラーズのツアーで、スケジュールがあわず、今回、急遽オッサンに助っ人をお願いしたわけで、リハーサルを含め全3回の「Sessoin with OSSAN」とあいなったのでした。実はこのように、彼を迎えて演奏するということについては、こちら側もワクワクした気持ちがあって、とても楽しみなことだったのです。

 オッサンがプレイし始めればすぐに、彼がいかにギターがうまいか、すぐにわかります。そしてすっかり魅了されてしまいます。また、彼の持つある種のカリスマ性が、音楽そのものに豊かな広がりを持たせてくれることに気づくのです。こういう音楽的影響力は、同じ「美乃家」出身のロクさん、ゴトウさんにも感じられますが、今回のように3人揃うと、それがさらに倍増され、またお互いに刺激を受け合って、よりスケールアップしていくように思えるのでした。

 「美乃家」が、いかに名バンドであったか、つくづく思い知らされ、少々嫉妬心さえ芽生えるほどなのです。でも、おかげで今のレパートリー、特にニューアルバム「QUARTER」からの新曲について、別の視点からチェックすることができたのは、思いがけない収穫でもありました。

 「A Way」「どうして心は」については、今まで肩の力がはいって、気負いすぎの演奏だったのが、よりスムースで曲が持つ繊細な心情をおもいだすことができたようです。また、「8番目の海」に関しては、CDの再現をある程度犠牲にしても、もう少しライヴ的な余裕ある内容にしたくなりました。(これはこれからの課題です。)

 このように、いいプレイヤーとの出会いは私達に、いろいろなことを教えてくれるのです。私個人的な部分においても、オッサンの卓越した技術と深い音楽的情熱を見るにつけ、自分がまだまだヒヨッコなことを思い知らされるのでした。

 しかし、誤解のないように、オッサンは怖い人でも、堅物な人でもありません。一度、彼と会って話をすれば、誰でも彼のことが好きになってしまうでしょう。酒をこよなく愛し、相手を包み込むようなオッサンとは、いろいろな話題に花が咲き、その人間性に魅力を感じること間違いありません。

 というわけで、神戸のコンサートも無事成功し、この日は日帰りなので、終了後はすぐに新幹線に飛び乗り、帰京の途についたのですが、ロクさん、オッサン、私の3人は同じ横浜に住むミュージシャン、他のみんなとは別の電車で帰ることになりました。男3人、3時間の旅、やることは一つ、酒飲んで、なんやかんや話するのみ。ビール、ワインにチューハイをたんまりと胃袋に流し込んだ我々は、全く話題の尽きることなく(ほんと不思議)、ずーっと、くっちゃべっておりました。

 何を話したかって?今日のコンサートについて、近年の音楽状況について、今度のアメリカの戦争について、ところで、ゴトウさんは一人で寂しがってるであろうこと、「電話してみる?」「いいよ、めんどくさいから。」とやめたこと、映画のこと、そして極めつけは、「男の更年期」について。この話題が我々には一番タイムリーだったかな。ま、後日お話するかもね。とにかく、ガハハ、オホホの楽しい夜を過ごしたのでした。
[PR]
by harukko45 | 2001-11-06 00:00 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31