大橋純子/師走〜そして、夕張

 12月。今年もあっという間に、この時期を迎えるわけだ。この前、あのワールドカップがおこなわれていたというのにな〜。いやはや、時間の経過が年を追う事に早く感じられてしまうのは、しかたがないのかな。年齢を重ねることによる精神的な時間感覚と実際の時間とのズレや変化について、何らかの関係性があるのか、誰か研究してる人いるでしょうかね。ま、いいか、そんなことは。失礼、失礼。

 さて、11月26日に、ジュンコさんと我々バンドの面々は、サウンドクルー・スタジオに集合して、今月のクリスマス・ツアーに向けて、リハーサルをおこなった。去年のメニューでも好評だった、ダニー・ハサウェイの‘This Christmas’に加えもう一曲、外国曲を新たに取り上げてみた。それは、ジョン・レノンの‘Happy X'mas’である。期待していてください。なかなか、おもしろい仕上がりなのだ。もともと、よく出来てる曲だし、ジョンの個性的なボーカル・スタイルが際立っているのだが、ジュンコさんのおいしいところを探すため、いろんなキーでためしたり、いじくり回して我々のレパートリーに仲間入りとなった。実際の本番は、12月8日の北海道にて、ということになります。

 その前に、私とギターの土屋さん(ご存じオッサン!)を伴って、ジュンコさんは11月30日から2泊3日で、故郷・夕張を訪れた。今回はスキー・リゾート完成記念の祝賀会にゲストとして招かれたのだが、地元関係者のみなさんの手厚い接待には、心から感謝感謝でありました。とくに、2日間ともおじゃましたジュンコさんのおじさん宅では、こちらもまるで実家に帰ったかのようにリラックスさせてもらい、美味しい肴に酒もおおいにすすんだ、すすんだ!それに、おじさん、おばさんともに、話題が豊富で楽しく、その語り口も魅力的で、お二人の心の豊かさを感じたのだった。だから、正直仕事に行ったというよりも、すっかりリフレッシュさせてもらいにいったようにも思える。それだけ、こちらとしてはいい思いをさせてもらったのでした。でも、あういう出会いをすると、街自体が小さいせいもあるが、皆さんが親戚のような感覚になって、親しみを覚えるものなんだな〜。そんなことを久々に考えた。

 そして、5日には松崎しげるさんとのジョイント・ショウがある。場所は箱根。てな具合で、毎年恒例ながら、クリスマス・ツアーの始まり始まり。その様子について、これから随時ご報告していこうと思っております。それでは、本日はこの辺で。テテテンテン!と。
[PR]
by harukko45 | 2002-12-03 00:00 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31