三種の神器

 8月16日、ジュンコさんと我々バンドの面々は倉敷のチボリ公園にて野外コンサートをおこなった。この日、我々にはある3つの出来事が起きていた。その3つの出来事がうまく絡み合ったことが、この夜のコンサートを大盛況・大成功に導く大きな要因であったと思っている。

 まず1つ目。ジュンコさんの「晴れ女伝説」がまたまた実証されたこと。だいたいである、この日の天気予報は、私が家を出る時点(朝8時頃)で岡山方面の降水確率70%だ。それに、関東地方はとんでもないドシャ降りの状態で、ただでさえ楽器やらエフェクターやらで大荷物なのに、傘だコートだと余計なものがふえることになって、そりゃそりゃ新幹線に乗るまでの大変だった事と言ったら、もう!

 ところが、のぞみ号車内でスヤスヤ眠っているうちに、大阪すぎてみりゃ何だ? 晴れてんじゃん! 実はいくらジュンコさんが自他ともに認める「晴れ女」だとはいえ、今回はダメだろうと思ってたのだが、いやいや、疑っていた私が悪うございました。見事に夏日よりになっておりました。しかしまあ、ジュンコさんの仕事で、雨だったのってどのくらい前だろうか? 雨の日のライブを思い出す方がやっかいなくらい、その直前まで悪天候でも、いざ本番になると晴れてしまう、この神通力。これは、もう信じる以外ありません。おそれいりました。

 2つ目は、オッサン。つまりギターの土屋潔さんに今回のライブはお願いしたのである。オッサンは今回のニューアルバムにも参加してもらっているし、また後半のロックものは得意中の得意分野。当然、超ご機嫌なパフォーマンスで、私達に新鮮な刺激を与えてくれたのはもちろんのこと、全体を通して、バンドのサウンドにおける中音域部分を、どっしりしたプレイで支えてくれるので、私などその上に乗っかって行けば良く、えらく楽な気分でプレイすることが出来たのだった。

 ちなみにこの日のセット・リストは‘シンプル・ラブ’で始まり、‘たそがれマイラブ’‘どうして心は’‘Something Blue’‘二人のアフターヌーン’‘シルエット・ロマンス’が、前半のシックなアコースティック・コーナー。そして、後半‘Baby It's You’‘Honky Tonk Women’‘サファリ・ナイト’でぶっちぎり、最後に‘微笑むための勇気’でしめるという構成。

 兎にも角にも、野外の開放的な雰囲気が、我々をリラックスした気持ちにさせてくれ、今年やっと来た夏らしい暑さが、パフォーマンスの熱さにかわり、こういったやり慣れたレパートリーもいつもと違うおもしろさを感じて、とても新鮮だった。ここでも、前半の「しっとり感」から後半の急激な「爆発」というもくろみは見事に成功し、他のイベントとの関係上、当初はないはずだったアンコールに応えて、いつものように‘My Love’を演奏したのである。もうこのころには全員、大汗だくでグショグショだったが、熱烈な拍手に導かれ、最後の曲も心からプレイを楽しませてもらった。

 さて、3つ目の出来事は、マネージャーであるオザワ嬢の復帰である。実は彼女、クラブ・サーキット・ツアー後に、声帯ポリープの手術を受けるため、しばらく入院していた。そして、数日前に退院し、この日現場復帰となった。が、まだ喋ることは医師から止められているので、沈黙状態。会話は彼女がメモに書いて受け応える、という「筆談」でおこなわれた。

 例えば・・・

「どのくらいのポリープができてたの?」
「8mmほど。」
「8mmっても見当つかないな。」
「普通は2mmぐらい。」
「へえ、じゃあそうとうデカイじゃん。それだけ育てちゃったってこと?」
「2年かけて。」
「ゲェ!そんな長い間、ほっといたの?」
「入院するためのまとまった休みがとれなくて。でも、もう限界になって手術に踏みきったんです。」
「そう、いろいろ忙しかったからね。よくがんばりました。オジサンがほめて上げます。」
「ほめていただくよりも、ケーキご馳走してください。入院中10日間、食べられませんでしたから。」
「あちゃ、オザワも花より団子ってわけ。わかりましたよ。バンマスとして普段のお礼に、そのぐらいはご馳走します。」
「ぜひ、2点食いでお願いします。約束しましたよ。こうしてメモに残しましたから、証拠もあります。」

 という具合に、文字通り「黙々」と仕事をこなし、「筆々」(何て読む? ヒツヒツ? フデフデ?)と会話していたオザワだったが、あることがその後彼女に降りかかる。それは本番中、ジュンコさんの目に虫が入るというアクシデントが起きた。なんとか取り除こうとするが、なかなかうまくいかない。とその時、ステージ袖では、舞台監督のハヤシカワさんがスタッフに「目薬持ってこい!」と怒鳴っていた。

 が、その言葉を聞くや否や、彼女は思わず「(ジュンコさんは)コンタクトだからダメです!」と叫んでしまったのだ……、おお神様! そしてジュンコさんは無事自力で問題を解決し、オザワはその一言で、この虫事件がさらに悪化することを見事に防いだわけだが、いやはや、ジュンコさんの危機に対して、咄嗟に声が出てしまったとは、そのマネージャー魂、なかなかあっぱれでありました。ははぁっ。
[PR]
by harukko45 | 2003-08-19 00:00 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31