12月7日、新潟

 今日は、水越けい子さんのディナーショウの仕事で、新潟に行った。で、朝早くに家を出たのだ。眠かったのだ、が、他のメンバーがいかん、ベースが六川さんで、ギターが徳武さんだ。結局、朝からハイテンションの状態で、なんやかんや盛り上がりながら、会場に着いた。

 リハを終えて本番までの時間、このオヤジ3人衆は街を散歩しに繰り出した。しかし、行き着くのは結局CD屋か楽器屋ってわけ。で、近くにヤマハがあったので、フラっとよって楽器をいじくっていたら、店員さんがよってきて、徳武さんにサインを求めるのであった。徳武さんは気さくに応じたのだが、ここで彼の事務所の社長もかねる六川氏は思った。「くそー、よりによってトクちゃんのCD、持ってこなかったなんて! おまけにサイン付きで買わせられたかもジャンか! うー、事務所経営はなかなかむずかしいの〜。」日々学習の六川さんである。

 さて、肝心の演奏はアコースティック・バージョンなんかぶっとばせ!のノリで、3人3様の姿勢を貫いたゴキゲンなムード。でも、聴いてる人にはしっとりとした癒し系に感じただろうね。だけど、演奏者達の内面は挑戦的な演奏だったのでした。このバックにのって、けい子さんもとってもいい感じ。なかなかおもしろいライブでした。

 で、この後、宴会で盛り上がって新潟泊まり・・・というのが、いつものパターンだけど、今日は残念ながら日帰り。ま、アレンジの宿題もたまってることだし、これでイイのだ。そう、イイのだ。これで、ウム。
[PR]
by harukko45 | 2003-12-07 00:00 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31