12月16日、午後11時30分

 今日は清貴君のFMの公開録音ライブで名古屋に行った。私の他は、ギターでバンマスの佐藤誠さんだけ。つまりは最近の言い方だと「アコースティック・バージョン」ってわけ。イメージ的には、何か軽くやっちゃうような雰囲気なんだけど。ところが、この清貴君、まだ21才にもかかわらず、なかなかの歌唱力、それにライブ好き、セッション好きときて、とにかく何かの曲を弾き始めると、すぐに歌いはじめちゃう。おかげで、リハの最中もどんどん別の曲で、楽しんでっちゃうのだった。

 曲的にも、最近のR&Bをベースにしたものだから、バラードが多くても全然しんみりせずに、若さにまかせておおいに歌いまくるのでした。というわけで、こちらもけっこう影響されて、じゃ「お若い人とご一緒に」ガンガンとやってしまいました。イカンなぁ、もっと冷静に大人なバッキングをしなくちゃいけないのにねぇ。なんて、思ってもいないこと言ったりして。

 私は今回トラとしての参加だけど、なかなか楽しませてもらってます。彼の最新シングルもオリコン14位にランキングされているから、これから期待したいシンガーですね。

 さて、そしていよいよ明日から、ジュンコさんのレコーディングが始まるのでした。今日の朝までの段階で、‘Ken M-2’もコンピューター内部的には完成した。これから、ちょっとチェックして、帰りの新幹線で閃いたことを試してみようかな、なんてやってるとまた朝になっちゃうかも? でも、ここまでやっておけば、実際のスタジオ・ワークは順調に進むし、もっと他の観点から曲・アレンジ・サウンドを見渡せるようになるのである!

 しかしまあ、この‘Ken M-2’は、最近のジュンコさんの曲の中では、ダントツな「セツナ系」だ。やっぱりね、こういう年代になってくると、お互いセンチメンタルな部分に惹かれあったりするわけよ。クラシック音楽だったらブラームスなんか涙しながら聴いちゃう感じってわかるかなぁ、お若い人には・・・。

 で、間奏に某ギタリストの登場を演出するために、ちょっとひと工夫。ひょっとすっと大げさで芝居臭いかも? でも、いいや、今はこれでいきましょう。とにかく、みなさんも完成を期待しててください。ニューアルバムの情報はこれからもどんどん、ドバドバお知らせします。それじゃ、また。
[PR]
by harukko45 | 2003-12-16 23:30 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31