12月18日、午前1時30分

 12月17日は、ジュンコさんのニューアルバムのレコーディング初日。午後1時から早速、スタジオにて私のコンピューターからテープに流し込みをおこなった。ミキサーは前回と同じダイスケさんで、彼はProToolsを使わないので、アナログ・コンソールを通ってテープにデジタル・レコーディングしていくのである。

 さて、‘Ken M-1 With ?’は詞も上がって、正式タイトルが‘あの頃のように’となった。この曲はコンピューター内部の時点で、70年代後半のAOR風の臭いをプンプンさせていたので、まさに「懐かしいけど、やっぱりイイよね。」のテーマにピッタリ。アナログ卓を通すことで、より雰囲気が出てきたよ。すぐにジュンコさんに仮唄を入れてもらい、詞のはまりもよく、すぐに終了。夜になってから、ロクさんがやってきて、ベースを生に差し替えてもらい、これまたグっと横揺れのグルーヴが深まって万々歳。今日の午後に、ギターのバッキングを入れれば多分オケは完成となるだろう。

 続く2曲目、‘Ken M-2’、正式タイトル‘星を探して’は、最初ジュンコさんに仮唄を歌ってもらった段階で、全体に重い感じとのことで、キーのチェックやノリを確認していたら、なんと、ドラムのタイミングが他の楽器のノリより、後ろにずれていたことがわかった。何で、家でやってるときにわからなかったのか? やっぱ、夜中にやってて明け方近くはボーっとしてたということかな。

 で、タイミングをあわせて調整していったら、実は本当はそのつもりだったタイトさが出てきて、全体がピシっとしまったのだった。これで、かなり良くなったのだが、あともうひと味欲しい気分になった。で、すぐにはアイデアがでなかったので、宿題である。だから、これをアップしたら、取りかかるのである。

 ということで、今日も午後から2日目のレコーディング。宿題を仕上げてすぐに録音出来れば、ひょっとするとジュンコさんの歌入れになるかも。それでは、この辺で。
[PR]
by harukko45 | 2003-12-18 01:30 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30