W杯2002/「韓国礼賛」にもの申す

 韓国がベスト4である。驚きである。

 この状況に至って今、正直に告白しよう。私にとって韓国の勝利は、ちっとも喜べず、そればかりか日本代表が敗れ去ったくやしさを、何処にどうぶつけていいのか、ここ数日困惑していたのである。ところが、その傷心の身にさらなる追い打ちをかけるように、我が国のマスコミは連日、「日本が負けたので、これからは共催の韓国をアジア代表として応援しましょう。」などとキャンペーンをはり、その戦いぶりを絶賛している。おまけに、「こうなったら、韓国に(決勝の地)横浜に来て欲しい。」などと発言するキャスター達をみるにつけ、ついに私の困惑は怒りに変わった。

 ふざけるんじゃない!日本のメディアの輩は、サッカーファンを愚弄している。私達は好きなチームを応援するのであって、マスコミから、とやかく言われてこのワールドカップを見るのではない!だいたい、サッカーにおいて日本と韓国は長年の宿敵であり、最も近いライバルなのだ。どこの世界にライバル・チームの応援をするサポーターがいるのか!韓国をりっぱなライバルとして認めるならば、このような「敵に塩を送る」ような行動こそ、彼らを侮辱し、また自らの誇りをも否定しているのだと考える。

 この裏には「応援するから、過去のイザコザはチャラにしてね。」「これで、憎しみの歴史から脱却して、共生の時代へと歩もう。」というような安易なメッセージが見え隠れしているようにさえ感じてしまう。今おこなわれているイベントは、ただのサッカーであって、政治じゃない。もし本当に、今度の共催が日韓の親善に役立っているなどと考えている連中が、このキャンペーンをはっているのなら、なんとこの国のメディアは子供っぽいのだろうか。

 もうすでに、韓国では「共催」の意味など消し飛んでいる。日本が敗れた瞬間、街頭の韓国サポーターからは喜びの拍手と歓声がわき起こったのだ。そして、相次ぐ劇的勝利に今、彼らの思いは「共催から生まれる日本との友好」などではなく、まさに「世界に誇るウリナラ(祖国)」ではないか。いや、それはそれでかまわない。むしろ、その方が自然なのだ。日本の中にある何とも言えぬ「軽さ」の方が、私には許し難い。そして、それを煽るようなマスコミ・メディアの思考停止な論調に対して、はっきりと「No!」を突きつけるのである!

 我々、サッカーファンはこれまで、ヨーロッパ・南米のサッカー一流国どうしの試合、そこにいるスター達を見て、「日本代表」のいないワールドカップを楽しみ、感動してきたのだ。だから、私はブラジルやポルトガルやスペインのサッカーが大好きだし、イングランドとアルゼンチン、ドイツの試合に興奮するのだ。これぞ「サッカー愛・サッカー文化」なのだ。もちろん、韓国に思い入れのある人、韓国サッカーを愛する人は、どうぞ韓国を応援して欲しい。しかし、他のサッカーファンは、自分の好きなチームを応援しよう。そうでなければ、「サッカー文化」はねじ曲げられてしまう。であるから、日本のマスコミは、ちゃんと「サッカー文化」を一から勉強して、もっと大人な主張を示して欲しい。

 さて、その韓国の試合について。

 確かに「最後まであきらめない精神力」「無尽蔵とも思えるようなフィジカルの強さ」、それに加えヒディンク監督の絶妙な采配には感服している。その最大の成果はイタリア戦だった。見事な采配、勝利だった。だが、スペイン戦は2-0でスペインの勝ちだった。まったくもってひどい誤審によって、得点は取り消され、スペインは敗れた。韓国にとっては、完全な負け試合を幸運にも勝利したのだ。

 今や、監督のヒディンクは、すっかり神のように崇め立てられている。「彼の言うとおりにしていれば、勝てる。」というコメントを聞くと、もはや「信仰」のように見えるのは、私だけだろうか?そして、その勢いで「横浜に行こう。」を合言葉に、今日のドイツも撃破し、決勝へ駒を進めるつもりらしい。しかし、私はもうテレビで「テーハンミングック」の絶叫を聞きたくない。今日で終わりにしよう。私の地元、横浜を真っ赤にして、ライバルの晴れ姿を祝うなどということは許し難い屈辱だからだ。よって、当然ドイツを応援する。私の好きなバラック、シュナイダー、カーンの大活躍で、ドイツが勝利し、韓国の夢は今日終わるのだ。
[PR]
by harukko45 | 2002-06-25 00:00 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30