U-23山本JAPAN最高!

 いやぁー、やってくれた! U23サッカー日本代表が見事にアジア予選を勝ち抜いて、アテネ・オリンピックの切符を手にした。その瞬間を見とどけて、今は最高の幸せに浸っているわけだ。昨日徹夜し、そして今朝も早く起きて、頼まれていた打ち込みの仕事をがんばって仕上げて正解だった。おかげで、この至福のひとときを十分に味わうことができるのだから。

 とにかく、代表の試合、今回のような親善試合ではない真剣勝負がおこなわれているときは、なかなか落ち着いて一日を過ごせない。まして、今回のオリンピック予選は想像以上にきつかっただけに、3月あたまから、今日まではハラハラ・ヤキモキの連続だった。しかし、こうして終わってみれば、ひょっとして脚本でもあったのかごとき、ドラマチックな展開のあとに最高のハッピーエンドとなったわけだから、文句のつけようがない、素晴らしいエンターテイメントでもあったということ。

 もう、彼らのことを「谷間の世代」とは誰も呼ばない。実にたくましい、戦う集団に成長した山本JAPANは今や、いつまでたってもしっくりこないジーコ率いるA代表よりも、数段魅力的であり、本番のオリンピックでの戦いぶりも大いに期待したい。とりわけ、今日の最終戦における、平山・大久保・田中によるスリートップのFW陣は、見る方をワクワクさせるに十分だし、これに阿部のフリーキック、石川・森崎の両サイドの上がりからのクロス、またトップ下の人材も松井・山瀬・前田と、実はなかなか多彩な攻撃陣が出来つつある。また、ディフェンスは長年日本の弱点でもあったセンター・バックの高さ・強さをトゥーリオの加入によって克服しつつ、那須や徳永、そしてボランチの今野(!)といった献身的にチームのダイナモとして働く人材の大奮闘によって、安定感を大きく増したのであった。

 また、山本監督の采配も、6試合をよく見渡した落ち着いたもので、チーム全体をきっちりマネージメントしていたことは大いに評価したい。UAEラウンドでの体調不良や、日本ラウンドでのバーレーン戦の敗戦という危機状態にあっても、冷静な選手起用により、終盤にきて2つのレギュラー・チームを持つというターンオーバー制を可能にしてしまい、今日の最終戦では最高のコンディションでアグレッシブな先発メンバーを送り出すことに成功した。よって、全6試合で最終戦が最高の試合になったわけである。そして、最高の感動を我々フットボール・ファンに与えてくれた。

 今回の山本JAPANへの讃辞には限りがないが、ここで気を抜かず、この後の夏の本番に向けて、より進化していってほしい。私もずっと熱い声援を送り続けるつもりである。とりあえず、今夜は素晴らしい戦いぶりを見せてくれて、見事に勝ち抜いた選手・スタッフ達に祝福とお礼を言います。山本JAPAN最高!
[PR]
by harukko45 | 2004-03-18 00:00 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31