EURO2004/ポルトガル初勝利

 「Euro2004」A組の2戦目、ギリシャはまたしてもやってのけた。スペイン相手に引き分けである。これで、グループ・リーグ勝ちあがりに大きく前進した。今大会のダークホースは、ギリシャだったか。このチームを率いるドイツ人監督レーハーゲル氏の、相手の良さを消し去る戦略戦術と選手の掌握の手腕には脱帽だろう。この見事な戦いぶりは、奇跡でも何でもなく、完全な実力であることを見せつけられた。

 一方、スペインはいったいどうしたことか。全くらしくない。負けてはいないが、決して素晴らしい出来ではない。華麗なる攻撃陣はまだ2点しかとれていない。「スペインの至宝」ラウールはやはり調子が良くない。本来の実力であるなら、すぐに2点目、3点目取れたはずなのに、肝心のところで決めきれない。そうこうしているうちに、ギリシャの少ないながらも鋭い攻撃にやられてしまい、勝てる試合を引き分けた。何ともかっこよく決まらないスペインはまたしても無冠の「無敵艦隊(スペイン代表の愛称)」となる予感すらする。

 一方、我が(!)ポルトガルは、初戦に敗れた後、監督みずから国民に謝罪するなどの緊急事態だったが、今日は見違えるような立ち上がりを見せた。これでこそ、戦う集団だ。とりあえず「アーティスト」指向は少しわきにおいても、何が何でも勝たねば後がないわけで、その必死さは十分に伝わってきた。

 初戦で、多くの選手がプレッシャーで本来のプレイが出来ていなかった中、ただ一人平常心を失わずチームを引っ張った(私の)フィーゴ様は、今日もキャプテンとしてチームの勝利に貢献した。ただ、プレイそのものはいまひとつキレを欠いたが、それ以上に気持ちの強さを感じられたのである。心配していたデコも好調で、見事に素晴らしい先制点の演出をした。

 そして相手ロシアが前半終了間際、退場者を出して10人になったので、さあ、これでショウが始まるか! と大いに期待したのだが、そうは問屋がおろさないのがサッカーなのか。

 後半、ロシアは完全なる「捨て身」の戦いに転じた。すごいものだ、人間というのは「もう失う物は何もない。」とわかると、こうも強くなるのか。人数の少ないロシアの方が、俄然効果的なサッカーで、1点を取り返しにきたのだ。ここでまた、ポルトガルの繊細なハートが顔を出し始め、何ともたよりないムードが漂い、私などは非常にイヤーな気持ちにさいなまれていた。スタジアムのほとんどを占めるポルトガル・サポーターからも、煮え切らない代表の戦いぶりにブーイングが出始めた。

 その心配は頂点に達しかけ、もうこれ以上は耐えられるか、こちらも自信がなくなりそうになった89分、ようやく(私の)ルイ・コスタ様がやってくれた。彼がイタリアのフィオレンティーナで活躍していたころを思い出させるような、フィールド中央を華麗にドリブルして左のC・ロナウドへ素晴らしいスルー・パス、それをロナウドがゴール前にクロスを出し、そこにルイ・コスタ自らが入り込んで、ゴール! 最高に美しく決まって、ポルトガルの勝利確定。やっとポルトガル国民は喜びを爆発させる機会を得たのだ。(私もね。)

 これで、少しはホスト・カントリーとしても面目躍如といった感じだが、実はスペインが引き分けたことで、この組は大混戦になってしまった。次の第3戦、ポルトガル対スペインで、負けた方がグループリーグ敗退という状況だ。おかげで、この「イベリア半島決戦」は勝ちあがりをかけた熾烈な戦いが必至なのだ。むー、ポルトガル国民と私の眠れない夜はまだ続く。
[PR]
by harukko45 | 2004-06-17 00:00 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30