EURO2004/ポルトガル決勝T進出!

 Euro2004、A組の第3戦。いやいや、いろいろお騒がせではあったが、ポルトガル代表がスペインを下し、決勝トーナメントに進出した。引き分けねらいのスペインに比べ、絶対に勝たねば予選落ちのポルトガルは、パフォーマンスも気持ちも格段に高まっており、前半早々から積極的な攻撃を試み続けた。それが、後半から登場したヌノ・ゴメスの素晴らしいゴールを生んだのである。

 その後はスペインの少々遅きに失した攻勢を全員で守り、最後はイタリア顔負けの守備的な布陣でしのぎきったのである。初戦の惨めな敗戦ショックからよく立ち直って、残りの2戦を徹底的に勝負にこだわった采配をみせたスコラーリ監督、それに応えた選手達を褒め称えたい。あー、私としては最高にうれしいのだ。だって、これからまだ数日間彼らを見続けること、応援することができるのだから。

 今日のような出来を見ると、ポルトガルは初戦にあまりにもナーバスになっていただけで、決して調子が悪いわけではなかったようだ。そして、苦しんで勝ちあがったことで、ますますチームが一つになっていくことだろう。

 一方スペインは最後まで不調だった。チームを救う救世主はついに現れず、サエス監督の采配も疑問だった。とにかく、ギリシャに勝ちきれず、引き分けに持ち込まれた第2戦が悔やまれる。こちらにも好きな選手が何人もいただけに大変残念だが、これも勝負の世界に生きる彼らの宿命、これから2006年のW杯に向けてチームを立て直していってほしい。

 さあ、今夜のリスボンはものすごい熱狂につつまれているだろう。とにかく、ポルトガルおめでとう。でも、この勝利は彼らの最低限度のノルマをクリアしただけ、本当の目標はこれから先だ。
[PR]
by harukko45 | 2004-06-21 00:00 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31