マイラ@赤坂グレイス、MAKI@新宿ホリデイ

 昨日一昨日とライブ2連ちゃんでした。それも全く違う内容、当たり前か。

 一昨日のマイラさんとは私のピアノだけでのライブ。もう一人のボーカリスト'Zumさんのバックもやったので、ずっと弾きっ放し。体は疲れるけど、気分としては長い時間やるのは好き。とにかく、音楽はやるしかないし、やることで何かを得られる。そのために時間が与えられるなら、幸せと思って頑張るのみです。
 会場はイタリアン・レストランでの小さな空間だったけど、アット・ホームな気分もあり、マイラさんのたくみなステージングもあり、今回で2度目なんだけど、なかなか充実した時間を過ごせました。最近ではこういうものが、音楽を楽しむ原点だなって強く自覚できるようになったので、とても大事な仕事に感じられるのでした。
 曲はおなじみのR&Bやスタンダードが多く、弾き手としてはそれも楽しさの要因ではあるけど、そんな中、先日レコーディングしたばかりの新曲"You Are My Angel"は、特に思い入れを込めて出来たと思っている。こういうところはキチっと決めなくちゃね。

 さて、翌日のMAKIさんのライブは、一転して約20分強のパフォーマンス。イベントがベーシストのササキトム君(MAKIバンドのベーシストでもある)が主催する「音吉」4周年パーティということで、出演するバンド、シンガー多数だったから、これはしかたないです。
 それでも、4曲の演奏でかなりの充実感があったのは大きな驚きでもあり、MAKIとバンドを大いにほめても良いのでは。とにかく、回りのバンド諸君が比較的「イケイケ」「ガツーン」系のパワー・ロック、パワー・ポップだったので、否応無しにそういう影響とムードを受けてしまいがちなのだが、いい意味での骨太さだけを引き継いで、ちゃんと音楽的なパフォーマンスで勝負できたことが私としては満足でありました。

 それにしても、この「音吉」パーティ、スゲェ盛り上がり、ハチキレ具合でした。新宿って土地柄もあるだろうけど、お客さん達のエネルギーも凄くって(酔っぱらいってところも含め)、久々に爆発するライブハウスの雰囲気を感じましたよ。熱気、汗、タバコ、酒、ロック、インチキさ、いかがわしさ、ブラックさ、そういうものを全部楽しんじゃう強さ。
 歌舞伎町ってところは、この歳になるとずっといれるような街じゃないんだけど、ここにあるエネルギーは捨てたもんじゃない。好き嫌いを越えて、何かを生み出すパワーはある。そうじゃなきゃ、あんなに人は集まらないだろう。
 なかなか面白かった。でも、オジサンは少々お疲れ。
[PR]
by harukko45 | 2007-07-02 16:06 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31