MAKI/荻窪ヴェルヴェット・サン

 昨日から3連チャンでライブハウスでの演奏が続きます。

 まずは昨夜、MAKIちゃん恒例のベルベット・サンでのライブは、いつものように多くのお客さんを迎えることが出来ました。素晴らしいことです。で、今回はアコースティック・セットでアコギに生ピにカホーンという編成でやりました。が、どうしてもリズムものやロックものはどんな形でやっても、ある程度力技で叩きのめす感じになりますね。でも、あまり細かいことを気にしないで(本当はいろいろ考えてるだろうけど、いざとなったら)真っ向勝負していく感じのMAKIちゃんですので、音の足りなさなど何処吹く風ってもんでした。その分、彼女の声がよく通って、かえって良かったりする部分もあるしね。

 実は荻窪ですから、本番前についついラーメン屋に行ってしまい、たらふく食ってしまったのでした。「つけそば」の有名店であるという「丸長」に行ったのでありますが、濃厚で胡椒の効いた辛めのつけだれにちょっと太めでこしのある麺の相性がグッドで、バクバク食ってしまいました。おまけに、麺を食った後のつけだれにスープを入れてもらって、それを飲み干すとかなりの満腹感。
 ちょっと本番前にしては欲望に勝てず食い過ぎてしまい、しばらくボーゼンとしておりました。そんなムードのまま、演奏が始まってしまったので、逆に最初幾分やんわりと弾いていたのがかえって良かったかもしれません。あまり力んだ感じがなくて始められたようでした。

 その後もピアノと歌だけの曲が3曲ほどあったりして、しっとりとした部分でのMAKIちゃんとのコンビネーションもまずまずうまくいったのではないでしょうか。それで、後半全員による曲は一転してかなり叩きのめす感じで行けたかも。リラックスした中で力技を出せるというムードは一番良いですね。これは、丸長のつけそばパワーのおかげだったのかな?

 いやいや、唯一ラーメン屋に行っていないMAKIちゃんの歌が良かったからに他ありませんね。今回はずいぶん歌のエネルギーに引っ張ってもらいました。お客さん達にもいろいろお褒めをいただき、なかなか好評だったので、我々も終わってから上機嫌でありました。私は明日もあるのでそこそこに切り上げたけど、きっと連中はその後も盛り上がってんだろうな。飲み過ぎても大丈夫なのは若い時だけですから、今のうちにはじけておくれ。
[PR]
by harukko45 | 2007-05-19 01:13 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30