昨日は松坂は凄かった。

 9回の客席のスタンディング・オベーションと「Let's Go Daisu-K!」の大声援にはテレビで見ているこちらも熱くなったなぁ。さすがにアメリカの観客は気が利いていて素晴らしいね。そして、それに見事応えて、ダイスケは初完投勝利、それも昨年の王者、今シーズンもア・リーグ中部の首位を行く強豪デトロイトをホームランの1点に封じ込めたのだから当然盛り上がるし、大絶賛でしょう。

 どうやら、フォームや調整などの修正もうまくいっている様子。この試合ではとにかく四死球0というのが素晴らしい。やはり、フォアボールがないとテンポが良く、見ていても気持ちがいいもの。まして守っている味方野手達はなおさらだろう。おかげで、ディフェンスでは内野での好プレイが連発したし、オフェンスでは1点先制を許してもすぐに同点、逆転、追加点、そして8回にとどめの大量点と大変効率的な得点で無駄がありませんでした。
 それにしても、よく打ちますなボストンは。

 あと、スライダーの切れの良さと、カット系の落ちるボールなども効果的であり、メジャーでやたらと言われる制球力においては、今シーズン最高だったと言えるだろう。パワー勝負による三振よりも凡打の山(特に内野ゴロ16)を築いた投球術の巧みさも光った。
 
 とりあえず、これでこのところ渦巻いていた不安は払拭された感じかな。十分やっていける、ということを確実にベンチにもファンにもアピールできたのではないだろうか。それに彼の場合、「もっとできる」って思わせるところも魅力。だから、次も見ちゃうんだろうな。
[PR]
by harukko45 | 2007-05-16 03:20 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31