シンガポールのカレー(3)

 シンガポールのカレー・レストラン(正式には問題あるかな?インド料理レストランですね。)をご紹介する第3弾。今回は肉入りで。
 観光客にもすでに有名で、ガイドブックには必ず載っているお店であります。シンガポール名物の一つに上げられるフィッシュヘッド・カレーは、時々無性に食いたくなりますなぁ。
e0093608_2242947.jpg これはフィッシュヘッド・カレーの元祖ムトゥーズのもの。ご覧のように魚の頭がドカっとカレー漬け(?)になっておりまして、何でも生臭さを消すためにかなり辛くするとのこと。確かに辛かった。でも、最近の日本人は激辛大好きが多いから、全然問題ないかも。

e0093608_22737100.jpg 見た目のエグさに比べて実際に食してみると、魚はサッパリとしていて、とても美味しくいただけるし、コクのあるグレービーの辛さも確かに病みつきになる感じ。ただし、でかいです(これでもsmallです)。1人じゃ食べきれません。2人でもなかなか。それに、他のものもいただきたいわけです。(この時は、フィッシュヘッド・カレーとキャベツ・カレーにライスでした。)

 なので、何度か通ううちに私のオーダーは最近ではプロウン・マサラ(x2)、チキン・マサラ(x1)、キャベツ・カレーにプレーン・ライス(x2)かな。ビリヤニ・ライスの時もあり。
 ライスはいずれを頼んでも、チキン・カレーとフィッシュ・カレーのルウ(具はなし)がサービスされる(フィッシュヘッド・カレーにはつかない)。じつを言うと、ライスだけ頼んで、このサービス・カレーだけでも十分ウマイのよね。これに、フライド・チキンを1本のみで終わらせている地元客もいた。
 とにかくです、南インド風のカレーには気取ったナンあたりでなく、やっぱり「米」が一番なのだ。シンガポールのカレーを食することで、ライスとカレーのコンビネーションの素晴らしさを再認識したのでありました。

 これに、ビールなんか飲まないで、必ずライム・ジュース!これ定番ですよ。濃厚で辛いカレーとの相性はライム・ジュースが最高です。これで、口の中はいつでもスッキリ。

 さて、これだけ頼めば2人でもお腹いっぱい。お値段は前回までにご紹介した店のようにはいかないけど、それでも安く、2人ならだいたい30S$(約2400円)程度で豊かなディナー・タイムとなるでしょう。
 リトル・インディアの本店と、最近サンテックの「富の噴水」前にも支店が出来た。
[PR]
by harukko45 | 2007-04-30 23:02 | 旅行

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31