UEFA・CL/マンチェスターU3-2ACミラン

 UEFAチャンピオンズ・リーグの準決勝1stレグ、やっぱりこのぐらいにくると熾烈な戦いになるねぇ。どちらかと言えばマンチェスターUを応援しておりますので(と言うか、ミラン嫌い、イタリアのチーム嫌い)、ルーニーの2ゴールには興奮しました。大好きなC・ロナウドも好調さを持続していたし、ギグスもスコールズもまだまだ現役、頑張っておりました。

 だけど、この日の前半の主役は敵のカカであったことは確かでしたな。はっきり言って、一人でも攻撃できてましたから、もう誰も彼を止められないってムードでしたよ。22分、37分の2得点はお見事、後半もユナイテッドにはヒヤヒヤものの状況を何度も作り出しておりました。C・ロナウドとの若きエース対決では、今回はカカの勝利であったのは間違いないね。

 でも、勝ったのはユナイテッド。それも91分のルーニーのシュートはユーロ2004の時を思い起こさせる素晴らしいシュートだった。あの時、イングランド代表のエリクソン監督は「無慈悲なまでに決めた」って彼について語っていたけど、まさにそんなゾクってくる感じだった。これを見る限りルーニーは完全復活してきたと言えるかも。にしても、ガットゥーゾの負傷退場がミランには痛かったろう。彼がいなくなってからの同点だったし、彼に代わったブロッキがギグスにボールを奪われ、それがユナイテッドの決勝点につながったのだった。やはりこの男がいないとイタリアのエグさがなくなるって感じね。マルディーニも前半で故障交代だから、ミランの守備陣が苦しかったことも確かだった。
 とは言え、あと少しで引き分けに持ち込み、有利に2ndレグを迎えられそうだったミランに、そうはさせなかったルーニーがさすがであり、ユナイテッドを救ったのでありました。
 さて、来週のミラノでの再戦、どうなりますか。マンチェスターUとしては何とか勝ったとも言える状況で、ミランの逆転の可能性も十分あり得る。とにかく、再び凄い戦いを期待したい。

 おっと今夜のチェルシーvsリヴァプール、イングランド同士の対決も見逃せませんね。
[PR]
by harukko45 | 2007-04-26 01:15 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30