打ち込みは続く(3)

 昨日は前からプリプロをしていた「ロイ・オービソン・トリビュート」の本チャン・レコーディングでありました。それで、ついさっき帰宅したのでした。一日でオケを完成させるのは、なかなか大変な作業でしたが、録り上がったテイクの内容はとても良いものになりましたね。

 ドラムを部分部分でダビングしてダブルにし、往年のツイン・ドラムの気持ちよさが出たし、徳武さんの素晴らしいギター・プレイをたくさん入れ込むこともできたし、私もプリプロ段階で録音してあったキーボードも無駄にならずに生かすことができて派手さも加わり、万事めでたしめでたし、って気分でありました。
 ただ、楽器のダビングなどに時間がかかったので、杉さんのコーラス・ワークは全て出来なかったのが申し訳なかったですが、歌入れの日に残りの作業を頑張っていただくことに。でも、この段階でもかなりご機嫌な雰囲気を作り出してくれています。

 それと、やっぱりロイの曲がいいね。徳武さんから借りたベスト盤2枚組、私も結構楽しんでいるんだけど、実際に演奏するとますますその良さがわかるのでありました。こういう、ハードボイルドであり、キュンとするようなロマンティックさもある音楽って、もう今の時代には生まれないのですね。

 さて、これにボーカルの方々がどのように加わっていくのか、とっても楽しみであります。

 そして、もう一つのプロジェクト、二胡奏者ウェイウェイさんへの打ち込みは、やっとこ難関だった1曲が完成に近づきましたが、まだ満足できませんねぇ。早く仕上げて他の曲に手を付けなきゃいけないんだけど、一番難しそうなのを乗り越えないとやっぱり気分は盛り上がっていかないので、とにかくこれをまずはやっつけないと。

 それから、おまけの宣伝。去年暮れから今年早々に制作したものが、4月からフジテレビの「めざましTV」で1年間オンエアされます。それも「めざまし体操」のテーマ曲で、これは自分で言うのも何ですが、実に楽しい仕上がりで私もかなり気に入っております。早起きの方は4月からの番組でチェックしていただけたらなぁ、と思っております。どうぞ、よろしくです。

 では、まだまだ打ち込みは続く、と。
[PR]
by harukko45 | 2007-03-17 02:49 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31