Jリーグ/浦和2-1横浜FC

 残念!横浜FC。J1初昇格で、いきなり王者から勝ち点1をもぎ取るチャンスだった!

 善戦していた、よく守って浦和の猛攻をしのいでいたし、何て言ったって44分の久保の豪快な、スンバラシイ、ワールドクラスの、何でこういうのを去年やっといてくんないの! そうすれば、間違いなく君はドイツのピッチに立っていたよ、的スーパーゴールでの同点でハーフタイムになった時は、「やるじゃないか!!」とかなり興奮したぜよ。

 なのになのに、85分、まんまと横浜FCが引き分けに持ち込むか、見事見事、高木監督なかなかしたたかな勝負師じゃないの、とベタボメしようと思った矢先の失点だものなぁー。それも、横浜DFのクリア・ミスを永井にキッチリ決められた。
 でも、実はその前のプレイ、左サイドにいた横浜MF内田が自陣でボールを奪い、ドリブルして前に出た時、久保は絶妙のタイミングで右サイドを上がり、フリーになっていた。そこを内田が見逃さず、そして迷わずにロングパスを出していれば、この失点はなかったのだ。

 たぶん、内田は久保が見えていただろうに、一瞬の迷いか、パスを出すタイミングを逃し、浦和のディフェンスにひっかかり、ボールまで奪われてしまい、すぐにゴール前に運ばれた。その前の流れで、攻めに出ようとした横浜ディフェンス陣はいきなりの逆襲に混乱を余儀なくされたのだ。それが、落ち着かないボールの処理につながり、運悪く永井に渡ってしまった。
 もちろん、それをDFの又抜きで抜け出し、シュートに持って行った永井も素晴らしかった。そして彼が、初戦勝利が危うかった王者・浦和を救ったわけだ。

 うー、もうちょっとでの勝ち点ゲットのチャンスが、手からスルッと逃げていった。こういう機会はなかなかやってこないだけに、もうひとつ慎重さと集中力が必要だろう。やはり、J1のレベルは甘くない。
 でも、久保は凄い凄い!体のキレもいい!いい!!何をしでかすかわかんない不気味さが戻って来た。今日の彼のシュートは早くも今年のベスト1といってもいいぐらいだ。少なくとも今年を代表するシーンになることは間違いない。これをスタジアムで生で観た人はしびれただろうな。敵味方なく拍手を送るべき瞬間だったろうな。すげーぇよ、久保!テレビでも興奮した、感動した。もう、横浜FC応援するよ、この久保が元気でシュートし、全員の固い守備で踏ん張って行けば、J1でも十分やっていける。あー、燃えたぜぇー!
[PR]
by harukko45 | 2007-03-04 00:00 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30