宇宙戦争、そしてスピルバーグ

 「マサイ」に続いて、スティーブン・スピルバーグ監督2005年の「宇宙戦争」を観た。ずいぶん極端だが、ハードディスクの録画順だからしかたない(?)

 さて、スピルバーグ、この監督に関しては不思議な感慨を持つ。なぜなら、私は大嫌いだし、彼が高い評価を受ける事にさえ不満を感じている。にもかかわらず、結局彼の作品を観るのは、「やっぱり、俺はこいつが嫌いだ」というのを確認したいがためなのか。
 昔のアンチ巨人ファンが一番熱心に巨人を観ていたことと同じか?(今の私はアンチ巨人ではない。もうすでに巨人に興味を持っていない。)

 スピルバーグが素晴らしいと思ったのは、デビュー作の「激突」と初の大ヒットとなった「ジョーズ」だ。この2作は今でも傑作パニック映画として、高く評価したい。が、その後の一連のヒット作については、二度と観る事はないだろうし、どうでもよい。彼がどんなに卓越した理論と技術を駆使して豪華な(意外に制作費かかってないんだよね、だからこの場合は効率性の高い)娯楽作を作っても、私は東宝のゴジラ映画の方を絶対に選ぶのだ。

 娯楽作なら、まだいい。なぜなら、この「宇宙戦争」もそうだが、パニック・シーンの映像の作り方見せ方は、世界最高であることは事実だからだ。だが、彼はそれだけだ。人間が出てきて自己を主張しはじめると、映像に勢いが突然なくなる。なので、私は早回ししてしまう。これを映画館で観たらイライラしていただろう。だが、その最高のパニック映像も延々何十分も見せられ続けたら、いい加減こちらも免疫が出来てビックリしなくなるのだ。そこいくと、日本の怪獣映画にはバランス感覚があった。日本の特撮はショボイ?冗談じゃない、CGだろうとキグルミだろうと、偽物に違いない。後は見ている方の想像力(創造力)の問題だ。そういう刺激を沸き起こすかどうか、スピルバーグの映画には圧倒されても、何もこちらの想像力は沸き上がってこない。ただただ凄まじい映像を押し付けられてしまうので、見ている方は思考停止に陥る(精度の高い特撮はリアルではあるが具体的すぎて、私が考えて膨らませる必要がない)。

 話がそれた。そう、娯楽作ならまだいい。時々、彼が急にマジに「オスカー」を取りに感動大作を作るのが、最悪に不愉快なのだ。

 「カラーパープル」、これは彼の文芸大作の中ではかなりいい。でも、何か人物達が薄い感じがしてしまい、心に迫ってこない。で、だんだんお涙頂戴的なストーリー展開になってしまう。子供時代の描写は好きだ。だが、ウーピー・ゴールドバーグが登場してきてから、だんだんつまらなくなってしまう。それは、彼にはちゃんとした役者を仕切れるオーラがないからではないかと思う。彼の映画のキーになるのが、子供が多いのもそのためだ。

 「シンドラーのリスト」、実話なので内容は重いし深い。でも、彼は結局メロドラマにしか仕上げられなかった。歴史的事実としてナチス・ドイツのやったことは許されないものの、単なるステレオ・タイプで膨張的に善悪を描くやり方は、こういう内容でも娯楽を意識してしまう彼の体質だ。私としては、78年にアメリカでオンエアされたTVドラマ・シリーズ『ホロコースト−戦争と家族−』に感動していたし、結局今に至るまで、「ナチによるユダヤ人虐殺」をテーマにした作品は映画もTVもこれを越えていないと思う。

 「プライベート・ライアン」、この映画はつまるところノルマンディ上陸の戦闘シーンの凄まじさのみだ。つまり、彼にとっては戦争も恐竜やUFOと同じような扱いになっていくのだ。そして、先にも書いたが、超迫力のシーンを延々とこれでもかと見せて行く手法により、いつしか脳が麻痺していき、だんだんどうでもよくなるのだった。例えば、キューブリックの「フルメタル・ジャケット」には物量かけて戦いを見せるシーンはほとんどない。だが、異常な緊張感が映像にみなぎっていて、ただ兵士が廃墟と化した街を走っているシーンでも、観ていてドキドキしてしまう。まさに戦場にいるかのようにだ。
 「プライベート・ライアン」は、冒頭の戦闘シーンの後はありきたりなヒューマン・ドラマとなって、「あー、やっぱり彼には無理だ」と強く感じた。エンディングでは再び凄い映像で戦場を再現するが、なぜか空虚感が漂う。それが、狙いとも言えるが、彼の場合、ドイツ軍の戦車が恐竜に見えてくる。そして、人と人の戦いがだんだん消えていく。
 何と、この後、彼がトム・ハンクスと製作したTVシリーズ「バンド・オブ・ブラザーズ」の方が断然に素晴らしい出来。ここまで真実をきちんと語ることで、ドンパチの派手さなどなくても、圧倒的に感動する。

 「A.I.」、キューブリックが生きているうちに彼がこれを撮っていたら、もっとすごいことになっていたか?今さらわからないが、とにかくキューブリックは「アイズ・ワイド・シャット」なんかに時間を費やさずに自分で「A.I.」を作るべきだった。ひょっとしたら、「2001年」の続編はこの「A.I.」になっていたかもしれない。だが、実際にはそうはいかず、最悪の結果となった。
 製作を持ちかけたキューブリックも悪いが、引き受けたスピルバーグも節操がなさすぎだろう。これは、キューブリックでも、スピルバーグでもない、それこそどうでもいい仕上がりだ。それにしても、何でスピルバーグは結論を急ぐのか?彼は観るものに優しいとも言える。こちらが観たいと思うものを作れる。そして、すべてにオチをつけてくれる。だが、観た後に何も残さない。それが特技でもあり、最大の欠点なのだ。
 金を払った2時間、楽しければ十分。それも正しい。ならば、それに徹してくれ。私はジョージ・ルーカスは大好きだし、ぜんぜんスピルバーグよりも偉大だと思っている。私には、この映画のラストよりも、ダース・ベイダーの恋と人生の悲劇に涙してしまう。

 そうだ、「宇宙戦争」ね。宇宙人の攻撃、相当凄いです。トム・クルーズは毒にも薬にもならないので、こちらの注意をひかず、ここでは成功しています。かえって、子供二人の方が主張が強くて、逆にこの映画ではウザイです。宇宙人が破壊しつくすシーンを観るのに集中したいのでね。
 それと、地下室で隠れているのを、エイリアンが蛇のようなマシーンで捜索するシーンは大笑いです。何で、こんなに凄い科学技術持ってんのに、カメラで探してんの? 「24」だって衛星から熱反応とかで、敵を見つけてんのにさぁ。
 ラストで、家族全員生きてるってのも、さすがスピルバーグです。冗談でしょ?何でこの家だけ無事なのよ!
 それにしても、エイリアンの姿がダサイ。こういうところが徹せられない弱さじゃないか。

 
[PR]
by harukko45 | 2007-03-03 16:12 | 映画・TV

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31