マサイ

 どうも、最近映画ばっかり観てるみたい。ってほどじゃないけど、こういうものって、一度見始めると次から次へって見てしまう。しばらくすると、静まるでしょう。

 さて、珍しい映画「マサイ」。てっきりアフリカ・ドキュメンタリーもの、それも最近流行の「癒し系」「ディスカヴァリー・チャンネル系」かと思いきや、何と、ちゃんとストーリーになっていた。それを、本物のマサイ族の人々が演じるのだから、驚き。この事自体は画期的な事だと思った。が、ストーリーはごくごく単純なもので、それを素人さんにやらせるから、起伏もなくたんたんと進むのみ。よって、物語の展開や感動を期待しても意味がない。「ふーん」で終わる。

 だが、絵としてはとても綺麗だった。何が綺麗かというと、マサイの戦士達が美しい!体脂肪0%のような無駄のない引き締まって体と、彼らがまとう民族衣装やアクセサリー。また、独自の染料によるボディ・ペインティングと、褐色でキラキラ光る肌との対称がとっても魅力的だった。そして、広々としたサバンナを進む姿はホレボレする。物語的には苦難の行軍なのだが、映像としてはそれを写していれば良いって感じ。

 ただ、最後の最後でCG使っちゃうのがガックリ。ここで、今までの苦労も水の泡って気分になる。それほど、オーガニックとデジタルの併用は難しい? ストーリーを変えてでも、自然にこだわって欲しかった。
 とは言え、前日に「リバティーン」で汚いロンドンを見たから、余計にアフリカの美しさが際立った。
[PR]
by harukko45 | 2007-03-03 16:10 | 映画・TV

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31