オリンピック・アジア予選/日本3-0香港

 勝ちました、U-22日本代表。しかしまぁ、今のこの年代にはもうひとつ覇気ってもんを感じませんし、何とも危なっかしい。オランダでのワールドユース、去年のアジア大会と、正直それなりの結果を出して来たとは言いがたいチームです。非常に不安に思います、はっきり言ってオリンピック出場はかなり厳しいのではないか。

 いい選手はいます。右サイドの水野、イチ押しです。トップ下(気味?一応FW?)の増田、鹿島ではともかく代表ではイキイキしてます。左サイド(こちらもFW扱い?)の家長、ワールドユース時に比べて格段の成長です。

 しかし、トップの3人、平山、どうすかねぇ。何かエネルギーを感じられないよ。キレが悪いのはこのところずっとだ。カレンはジュビロでは点を取ってるのに、代表では過剰な頑張りにより、肝心の得点には全く縁がない。帰化したての李はまだまだお試し状況なのか?今の感じじゃ、使う意味が感じられない。それなら、スーパーサブ的な方がチームにも刺激になるんじゃ?

 ボランチの青山、病み上りであっても連携悪すぎ、ファウルで余分なFKを献上しちゃうし、梶山、ある意味前の世代の松井的で、マジシャン的なところが魅力なんだろうけど、代表においては、いつ見てもつかみ所なく感じる。もっと、普通に汗かいてガムシャラに前に行く人じゃダメすかねぇ。

 3バックとGKも、今日など罰金もののポカがあり、思わず目を覆うシーンがあったが、どうも全員で集中を高めていくようなムードがあまり見受けられないのだ。その中心となってリーダーシップをとっていく人間も見当たらない。それが、前半の個人技の連発による空回りな攻撃と、守備への転換の遅さにつながっていたのかも。

 反町監督、この人に皆ついて行ってるのかな?外面的に「熱さ」より「知性」やら「冷静」さが売りな感じで、その影響か、チーム内の精神的な一体感が薄く思えてしまう。それは、たぶん予選を勝ち進んでいくうちに、どんどんと出来て行くものだとは思うが、それにしてもこれまでのオリンピック・チームよりもあっさりした雰囲気を感じるのだ。

 まだまだ2次予選が始まったばかりであるものの、ここを勝ち抜くのは当然でなくては困るし、その後の最終予選では強豪相手にたくましく戦う集団に成長してもらわねばならないが、私はとっても不安を感じてしかたがない。去年のアジア大会グループリーグでの北朝鮮に思わぬ不覚をとった姿を再び見るはめにならないか?

 ただ、少し希望が持てるのは、試合終了後の反町監督はかなりご立腹で、前線の入れ替えなどを話していたこと。当然、こんな試合で喜んでもらっては困る、早急に納得の行く変更修正を是非ともお願いしたい。次の14日、アウェイでのマレーシア戦、ビシっとした内容で圧勝を!
[PR]
by harukko45 | 2007-02-28 23:04 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31