ゼロックス・スーパー・カップ/G大阪4-0浦和

 去年あまり見ることが出来なかったJリーグを、今年は見ようと思っております。何かね、海外のものばかり見ても、最終的に思い入れを込められないところに、だんだん不満が募ってきたんですね。私は、昔っからジュビロ磐田のファンで、いろいろと幸せな気分をかつては味あわせてもらいましたが、ここ数年は世代交代に苦しむ低迷期。全盛期の私のアイドル達は他のチームに移籍したりして、それはそれは寂しい思いもありますが、ゴン中山大将がいる限り、ジュビロは不滅です、ハイ。今年もジワジワと応援していきますです。

 横浜に住んでいながら地元2チームを応援しないのも、いかがなものかとも思いますが、マリノスは昔から好きじゃないので、これはもうしかたない。なので、どちらかと言えば横浜FCに肩入れしてますし、今回J1昇格は素晴らしいと思っていますが、心底好きかどうかはまだねぇ。とりあえず、シーズン開始後の試合っぷりを見てから判断したいと思っております。各選手が、昔の名前で出ています、ってことにならないことを期待して。

 さて、今日はそのJリーグ開幕の前哨戦とも言うべきゼロックス・スーパー・カップがあり、現在の2強であるガンバとレッズが対戦したわけですが、これはもう、やったらめったら出来の良かったガンバの圧勝でした。ここ最近の両チームの対戦からは想像しづらい大差となりましたね。とにかく、攻守ともにガンバの効率の良さ、玉ぎわの強さ、スピード、アイデア、みんな光りました。一方のレッズは、相当キャンプでしごかれたのでしょう。お疲れのピークにあって、コンディションは最悪、何人か主力もケガで、本来の力なんか忘れてしまったかのようでしたな。

 小野、全然イキてない。っていうか、このチームではレギュラーではない?阿部も、慎重になりすぎ?鈴木啓太とのコンビ大丈夫?坪井、やっぱトゥーリオいないとDFを仕切れない?
 バックラインはゴール前にへばりついてたし、ボランチ二人は前に行かないし、小野もサイドにいるだけだし。良かったのは開始早々の数分間だけ。時々、小野はうまいなぁと感心しつつも、よく考えればボール回してただけとも言えるしね。とにかく、スピードにまさるガンバにほとんど中盤を制圧されてました。
 監督の特性の違いも大きいでしょうが、ここまでこてんぱんにやられるとちょっとファンの方は不安でしょうね。調子悪くたって、4失点はないだろう!ってね。

 でも、ガンバだって、こんなに良すぎてシーズン持つの?なんていらぬ心配も。相手がへなちょこだったせいもあるけど、これだけ良いと期待は持てるだろうな。こういうサッカー、代表でもやってほしいなぁ。遠藤、二川いいじゃないすか。あ、播戸は外してばかりでしたが。

 なんて言っておりますが、とにかくジュビロ、ガンバレ!
 
[PR]
by harukko45 | 2007-02-24 16:15 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30