ウィーン2007(8日目)

 今日は天気が良くない。ずっと雨だ。地下鉄をいろいろ乗って、カグランKagranという場所の新しいショッピングセンター(ウィーンにしてはわりとあか抜けていた)なんかに行ったり、その付近の国連ビルのあたりをうろついてみたが、あまり気分は盛り上がらず、何ともどんより気分だ。とにかく、昨夜のヴェルディはいまひとつ、おまけに部屋のヒーターは故障して寒いし、冴えないこと甚だしい。

 で、午後3時になったのでペーター教会に行ってみた。毎日やっているオルガン・コンサートで、今日はバッハばかりのセット。だが、やはりどうもここのオルガンの音はあまり好みでない。ちょうど天上から神の声のように降りて来る感じなのは結構だが、残響が深すぎて濁りを生む。最後のフーガでは何を弾いているのか分からない感じで、それがちょっとトランス的でもあったが、おかげで眠りそうになった。

e0093608_1834918.jpg その後、昨日に引き続いてデーメルでケーキをお持ち帰り。私としては最も興味をそそられるというか、こういうのは絶対日本では食べれない、オーベルス・クレーメ・シュニッテを買った。これはカスタード・クリームと生クリーム(バニラ・クリームですかね?日本で言うものとは違うかも)による2層クリーム・ケーキ。はっきり言ってこれは至福のケーキです、私には。なんと素晴らしいコンビネーションではありませんか!カスタードは卵の黄身の味がしっかりあり、砂糖抜きの生クリームはいかにもウィーン風、底にパイで上には砂糖を固めたもの、これらを一緒に口に入れると豊かなハーモニーが生まれてこの世のものとは思えぬひと時を味わえるのでありました。傑作です。

 夜は路面電車を適当に乗り降りしてブラブラしながら、建物の写真など撮ってみたが、どれもピンぼけだし、すごい雨になってずぶ濡れになってしまいました。それにしても、ウィーン市庁舎前はいろんなイベント会場にもなるんだけど、今はスケートリンクになっていて、これが単純な円形のリンクでなくて、ちゃんとコースがつくられているのが、さすがウィンター・スポーツの本場でありました。だいたいコース内に進入禁止の標識や、交差点もどきまで作ってあるんですから、恐れ入ります。滑っている人たちもみんなウマくて、かなりのスピードで楽しんでいました。小学生以来やってないから、ちょっと滑りたい気持ちにもなったけど、このハイレベルでは日本で少し練習しておかないと中に入ってはいけませんな。

 それから再び電車で移動、クラシック音楽の殿堂、楽友協会ホールにも行ってみました。ここで音楽を聴いたのは2回ありますが、せっかくウィーンに来てもなかなか観たいものと巡り会うのはむずかしいのでした。でも、いつもながら立派で威厳のある建物であります。ちなみにウィーンのピアノ・メーカーの老舗ベーゼンドルファーのショールームが裏側の1階にあります。

e0093608_18344551.jpg さて、夕食ということでホテル近くのブロイ、プルッツァー"Plutzer"に行ってみました。初めて入りましたが、ここが大当たり。店のハウス・ビールはちょっとライトな感じだったけど、たのんだスペアリブが旨かった。これに合わすと、軽い感じのビールがちょうど良く、グイグイと進むのでした。

e0093608_18352827.jpg
 2杯目はドゥンケルスをオーダー、こちらも少しライトだった。ヴァイス・ビアもなかなか良かったですね。料理はウィーン名物のものもあって、味もこれなら、もっと早くに来てればよかった。

 ホテルに帰ればヒーターも直っていてよかったよかった。

e0093608_21555326.jpg
 ウィーン市庁舎

e0093608_2156937.jpg
 そこのスケートリンクの一部。標識付き

e0093608_21562150.jpg
 カールス教会とムジークフェライン。

e0093608_21563221.jpg
 威圧感のある夜のムジークフェライン。

e0093608_21565547.jpg
 自然史美術館と路面電車。

e0093608_2157842.jpg
 ブルグ劇場は芝居の殿堂。

e0093608_21571835.jpg
 王宮が見えるコールマルクト周辺、ここは高級ブランド通り。デーメルもこの通り沿い。

e0093608_21573074.jpg
 有名なブロイ、ゲッサービア・クリニック。ビールも料理も良いですが、今回はパスしてプルッツァー通いでした。
[PR]
by harukko45 | 2007-01-30 18:38 | 旅行

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31