ウィーン2007(1日目)

e0093608_7501787.jpg
 成田空港をオーストリア航空11:40分発の直行便で、ウィーンに向かいました。長時間のフライトなので、あまり飲み過ぎないようにと思ったけど、やっぱり思わずたのんでしまったビール。オーストリアの代表的なビール・メーカーの"Ottakrinnger"でしたねぇ。いやいやよろしいよろしい。

 "HELES"とはピルスナー系の意味で、南ドイツ・バイエルンやオーストリア方面での呼び名のようです。スチュワーデスさんがカップを缶にはさんで渡してくれました。なかなかいい感じすね。味もうまいっす。もうねぇ、日本のビールはつまらないです、はっきり言って。
 先日のシスコ行きは満席でキュウキュウだったけど、こちらはどちらかというと観光シーズンではないので、かなり空いておりました。おかげでラクラクですごせましたし、よく寝れました。

 さて、無事にウィーンに現地時刻16:30頃到着(日本時間24:30)、空港からウィーン市内へはかつてはタクシーやバスを利用してたけど、このところはシティ・エアポート・トレイン(略称キャット/CAT)が便利。ウィーン・ミッテ駅のシティ・エア・ターミナルまで16分だし、チケットは往復券を日本からネットで買える。料金は往復15ユーロとちょっと高いけど、快適な車内だし、帰りはシティ・エア・ターミナルでチェック・インできちゃうからラクチン。
 ちなみに、元ウェザーリポートで有名なジョー・ザビヌルの経営するジャズ・クラブ"Birdland"はこれに隣接するヒルトン・ホテル内にあるのでした。

 その後、市内の公共交通機関の1週間定期券"Wochenkarte"を購入し、これで路面電車、地下鉄、バスはすべて乗り放題。で、ウィーン・ミッテから地下鉄でフォルクス・テアターへ、でかいスーツケースをころがしながら、けっこうケチケチとホテルに向かいますが、どうもこういう方が楽しくってね。

 ホテルは2年前にも泊まって快適だったところで、ネット環境も前回はダイヤルアップだったが、今回はブロードバンド対応のようですな(実際はISDN程度?日本とは比べられない遅さ)。

e0093608_751943.jpg
 飛行機内でブロイラーのように飲み食いしていたので、夕食を食べるほどの余力はないが、一応メイン通りであるケルントナー通りあたりをぶらついてみました。ウィーンの象徴シュテファン寺院"Stephansdom"は相変わらず改装中で、夜見ると幽霊屋敷みたいだけど、この建物を見ると「ウィーンに来た!」って実感するわけで。

e0093608_7513530.jpg
 そこから、少し歩いて国立オペラ座"Staatsoper"の横からのお姿。今回もまたよらせてもらいます。

e0093608_752653.jpg
 でも、やっぱり小腹が空いたので、地下街にあるパン屋(?)KANGALで今年お初のクラプフェンを買いました。一個0.8ユーロ。中は基本のアプリコット・ジャム。このクラスでも十分おいしゅうございました。
[PR]
by harukko45 | 2007-01-23 07:21 | 旅行

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30