アジア大会女子サッカー決勝/日本PK2-4北朝鮮

 どうも、貧乏暇なしの状況は変わらずで、それもなんやかんやグチャグチャに入り組んでいて、正直疲れちゃいましたね。おかげで、ゆっくりサッカー中継も見れやせん。だから、最近は各国のリーグ戦はどうなっているのか、皆目わかっておりません。もちろん、Jリーグは浦和が優勝したのは知ってますけど。

 ただし、カタール・ドーハでのアジア大会での我らが代表の顛末はちゃんとチェックしておりました。昨夜の女子代表「なでしこジャパン」、本当に残念でしたが準優勝となりました。が、実力的には相手の北朝鮮がかなり上だったのは明らか。個人個人の体力・技術ともに圧倒しておりました。それでも、120分間戦ってPK戦まで持ち込んだのだから、よく頑張ってくれたと思います。少なくともU-21の男子、反町ジャパンが同じ北朝鮮にふがいなく敗れ(引き分けで十分なのに、わざわざ逆転される試合運びの悪さと間抜けぶり)て、決勝トーナメントに進出できなかったのに比べれば、とんでもなく素晴らしい活躍でした。が、やはりPK戦負けは悔しさが倍増していかん。
 日本は最初から二人外したのに比べ、北朝鮮は4人連続で決めるとは何と強い精神力。

 ふー、ここまで書いて、実に複雑な思いだ。北の選手たちはたぶん「絶対に日本には負けない」それこそ、国の威信をかけて日本を叩くとの思いが強いのだろう。だが、その思いはこちらも同じ。はっきり言って、北朝鮮への思いはスポーツという次元を超えて、かなり政治的な対立からどうして離れることはできない。拉致問題、核開発問題を抱える以上、何があろうとも「北」だけには負けるな、「北」に負ける姿は絶対に見たくない!なので、「北」に敗れる我が代表を見る悔しさはこの上なく大きい。

 確かにスポーツに政治を持ち込むな!と私も強く思う、が、こと「北」に関してはそれですんなり終われるだろうか。
 
 だいたい、自国の多くの民が食料もなく苦しみ、また国ぐるみでギャングまがいの行為により外貨を盗んでいるというのに、何であの女子サッカー選手達はあんなにも立派な体格で、まるで男子のごとく力強いパフォーマンスを無尽蔵のエネルギーがあるかのごとくするのか。おかしくないか? 彼女たち(もちろん彼らも)は選ばれた人材だから、他の人々よりも優遇されているというわけか。だが、あの選手たちにとって、他の国民達のことはどうでもいいのか? ただただキム・ジョンイルのために勝てばいいのか?
 とにかく、あの堂々たるアスリート達を見て、彼らが北朝鮮のユニフォームを着ていることにどうしても違和感を感じてしかたがない。
 そして、スタンドに陣取るサポーターに目を転じれば、黒一色の男性ばかりで、やけに統制のとれた応援の異様さはどうだ。彼らの姿とその整然とした声援を聞くだけで、背筋が凍るような気がするのは私だけか?誰かに管理されてなきゃ、応援もできないのか?

 もちろん、彼らは実は被害者でもあると言えるかもしれない。が、それにしても変だしイヤな気分だし、イライラする。私が生きている間に果たして、朝鮮半島はおぞましい独裁から解放されて統一されるのか。とにかく、一刻も早くその日が来るのを望んでいる。
[PR]
by harukko45 | 2006-12-14 22:43 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31