水越けいこ/レコーディング初日

 昨日は水越けいこさんの新しいミニ・アルバム用のレコーディングだった。今回アルバムに収録するのは、過去の代表曲のセルフカバー2曲、未発表1曲、書き下ろしの2曲の予定。そのうち、生リズムを入れたバンド編成でアレンジしたものを3曲録ったのでした。

 全体にはアコースティック・ギターや生ピアノを中心にしたアンプラグド的な方向性で、ほぼ一発録りのような仕上がりになるでしょう。スタジオ・ライブのような臨場感で、ダビングも控えめにして、けいこさんの声がよりダイレクトに聴き手に届くようなサウンドを目指したいと思っています。

 メンバーにはおなじみの土屋"オッサン"潔さん(G)、六川正彦さん(B)に、この中では比較的若手(?)とも言える麻生祥一郎さん(Dr)にお願いしました。この人選はなかなか正解でした。特に麻生君は期待以上のムードを醸し出しながら、バンドをプッシュしてくれました。抑えめなアプローチながら、根元にロック魂を持っていて、それが全体に骨太なサウンドを形作ることになったのでした。

 全ての完成は来月になるでしょうが、まずは幸先のいい始まりでした。
[PR]
by harukko45 | 2006-11-24 10:20 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31