ジョン・レノン・スーパーライヴの詳細(2)

 詳細(1)からの続き...

e0093608_12470100.jpg オープニングに続く、ソロ・コーナーのトップバッターは平川地一丁目。うー、若い。何しろ18と15の兄弟だからね。彼らはまず、"Don't Let Me Down"を歌った。正直、ここでこの曲を演奏できたのは、バンドとしても良かった。異常に緊張感のある内容とオープニングというプレッシャーの元だった"A Day In The Life"から一気に解放されて、のびのびしたかったからだ。それと、私としては歌うお二人が若いこともあり、この曲へのアプローチは最近になって発表になった"Let It Be~Naked"におけるバージョンをお手本とすることした。

 従来のテイクとどう違うかは、簡単に言えばテンポが早いこと(テープの回転をあげているらしい?)、それにより、全体にまったりしてルーズな良さがあった前テイクよりも、アグレッシブな仕上がりで若々しい印象になった(正確には前テイクの2日後の屋上ライブでのテイクがNakedに収録された)。そんな理由からということで、ドラムの古田君には"Naked"的なニュアンスで引っ張ってもらうことにした。
 また弟の直次郎君が結構炸裂した感じで歌ってきたので、作戦は成功。兄ちゃんの龍之介君もきっちりエレキ・ギターを予習してきて、リハではところどころ土屋さんにアドバイスしてもらったり、なかなか微笑ましかった(親子みたいな年の差ですから!)。
 後半の阿部義晴さんのフェンダー・ローズのソロはオリジナルに準じた感じのトライだったが、やはり本物の楽器のトーンが良い。この辺の阿部君のこだわり方はさすがだったな。彼の足下はまるでギタリストのように古いエフェクターが並んでいたし、ローズもきっちりアンプでならしてマイクで拾っていた。

e0093608_12471377.jpg 平川地の2曲目は同じ"Let It Be"がらみの"Across The Universe"。ビートルズ後期のジョンを代表する作品と思うが、当時の彼はどのテイクにも満足していなかったというこだわりの曲でもある。
 当初これも、"Naked"風のシンプルなサウンドにして、ほぼ二人だけのパフォーマンスでもいいと思ったのだが、彼らからはシェイカーとストリングスを加えてほしいとのリクエスト。たぶん、彼らはフィル・スペクターによる"Let It Be"のテイクをイメージしていたのだろう。

 私としては土屋さんにジョージ風のアプローチを是非加えてほしかったので、じょじょに広がりのあるサウンドになっていった。私はあまり大仰なストリングスはさけて、ストロベリー・フィールズ風のフルート音を多用してみた(フィオナ・アップルがそんなムードでこの曲をカヴァーしていたのを思い出した)。全体には直次郎君の素朴な歌声もあって、甘ったるい感傷的なムードに陥らず、ザックリいったと思う。

 だいぶ落ち着いたムードになってきたところで、平原綾香さんの登場。ミリタリー調の衣装にビックリ。彼女のイメージってどうしてもヒット曲の雰囲気に結びつけちゃうんだけど、もっと多角的にアーティストのことを見なくちゃいけないね。そして、リハの時に書いたように、彼女は実はR&B系の音楽も大好き。そんなニュアンスがよく出たのが、1曲目に歌った"In My Life"。

e0093608_12472626.jpg もちろん、"Rubber Soul"に収録されたあまりにも有名な傑作曲。だが、女性が歌うためにキーをAからDに変更した。故に、ビートルズのギターサウンドのおいしい部分は薄まった。だから、あえてオリジナル通りのアプローチはやめ、ドラムのサウンドも抑えめに、雰囲気は「Swinging London」のガールポップ風を目指してみた。少しサイケな(メロトロンのフルート音やヴィブラフォンのような)音色を加えたりしたが、オリジナルの良さからあまり遠ざからない世界でこの曲を成立できたのでは、と思っている。

 それに、綾香さんの歌い回しがソウルフルなので、ますます「あの時代」ぽくなったんじゃないかな。
 ジョージ・マーティンによるバッハ風の有名な間奏は、今回は上のパートを阿部君に、下を私と分け合って演奏した。正直、この部分だけで妙なプレッシャーをバンドが抱えるより、確実なアンサンブルを実現する方が良いと判断したからだ。

e0093608_12473934.jpg 平原さんの2曲目、"Mind Games"も"In My Life"同様キーの変更があり、やはりオリジナルにあるジョン独特の「深みにはまっていくような」ザックリしたロックにはなりにくかった。なので、こちらは完全にイメージを変え、しっとりとしたバラード風に始めてじょじょに盛り上がってオリジナルの世界に近づいていくことにした。ここでも、阿部君のフェイザーのかかったローズが効果的だった。たぶん、曲をよく知っている人には意外な展開だったかもしれない。が、元々ある曲の核心部分はアレンジの変更などにはビクともしないことを証明したような気がする。

 さて、ここでパックンマックン登場で少しなごんだ(?)ムードの後、押葉君がWhite Albumに収録されたヘビー・ブルーズ、"Yer Blues"を歌った。

e0093608_1252519.jpg ある意味、押葉君が歌う曲は「オレたちゃバンド」って感じになる。当然気合いも乗って来て当たり前。もちろん曲のせいもあるけど。だから、間奏をのばして私のオルガン、阿部君のローズ、土屋さんのギターとソロ回ししてそれぞれをフィーチャアすることにした。1968年にローリング・ストーンズが制作した"Rock'n Roll Circus"における、エリック・クラプトンやキース・リチャーズ、ミッチ・ミッチェルを率いたバージョンも参考にしながらも、かなり自由度を増してトリビュート・バンド色がよく出たと思っております。前半戦のパフォーマンスでは一番満足行く仕上がりだったかも。やっぱ、皆ロック好きね。変拍子だってオチャノコサイサイ、ニュアンス一発で最高に楽しかった。

 あー、また長くなりました。今日のところはこの辺で、...まだ続く。詳細(3)へ
[PR]
by harukko45 | 2006-11-05 23:11 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31