クラシコ

 もうすでに結果は知ってたけど、やっとクラシコ(レアル対バルサ)の録画を観たのでした。バルサ・ファンの私としては悲しい結果ではありましたが、カペッロ監督を迎えたレアルがここ数年の「らしくない」内容からようやく「まともな」レベルになってきたことにより、やっと見応えのあるクラシコになったことを喜びたいとも思うのでした。

 まぁ、バルサが完敗だったので負け惜しみのようでもあるけど、それほどレアルは良かった。さすがイタリア人監督の戦術は現実的で効果的だったようだ。開始早々のラウールのゴールも昨年までなら、まず「ない」ようなセルヒオ・ラモスからのアーリー・クロスからの電光石火のごときヘディングでの合わせでありました。
 こういう点の取り方に、まず「おー、変わった。」と思わせた。その後は、イケイケに攻めてくるバルサに堅い守備からのカウンターのレアルって感じで、やっぱイタリア流レアルの方が試合巧者だったわけだね。

 それでも、常にファンタジーやスペクタクルを指向するバルサは果敢に攻め立てて、決定的なシーンが何回かあったが、グジョンセンとメッシのシュート・ミスは痛かった。うーん、エトーの穴は想像以上に大きいということ。
 後半早々、攻め上がるバルサからボールを奪ってグティからロビーニョヘ絶妙のパス、そして中央へのクロスにファン・ニステルローイがキーパーより早く触れて2点目。典型的なカウンターにまんまとやられちゃったバルサだった。

 その後のバルサは4トップって感じで、攻撃あるのみだったけど、カンナバーロとエルゲラ、ディアラとエメルソンのセンターは強かったね。
 最後にはフォワードを落として、レジェスとベッカムを入れて守備的(?)にやるカペッロには好き嫌いが分かれるところだろうが、とにかく勝ちにこだわる姿勢は、今のレアルには必要なんだろう。

 バルサは、エトーを失い、その代役に不安があり、ロナウジーニョにも未だ去年の「宇宙的」パフォーマンスが見えないし、元ユヴェントスのディフェンダー(ザンブロッタ、テュラム)もまだチームにとけ込んでいない感じだった。でも、リーガでは1位だから大したもんだけどね。

 とりあえず、レアルの組織力が復活の兆し、そして勝負も完勝。カンプノウでの再戦の時期には両チームのパフォーマンスはどうなっているか、私としては当然バルサがこのまま首位で突き進み、レアルを完膚なきまでに倒して欲しいのであります。
 それと、最近のラウールの復活は個人的にチームをこえて喜ばしい。
[PR]
by harukko45 | 2006-10-31 18:54 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30