日ハム優勝おめでとう!

 リハから帰って、日ハムの優勝の瞬間を見届ける事ができました。北海道おめでとう!です。今年の日ハム、ほんとにいいチームでした。新庄や小笠原を先頭に若い選手が生き生き躍動するのを見ていると、こちらもうれしくなりました。

 それにしても、去年のロッテといい、今年のハムといい、パ・リーグの若い選手は何か新しい感じがする。もう、昔のような悲壮感やら圧迫感に苛まれるようなナイーブな感じではない。今までの日本人が何かしら持っていて、越えられなかった壁のようなものをどんどん越えていくような力強さを見せてくれているよ。

 ある意味、野球以外でも今の一線級で活躍するスポーツ選手達は日本人として先に行っている。進化していると言えるのかも。それが、あのパフォーマンスの「明るさ」につながっているのかな。
 もちろん、そこに至るには日頃の鍛錬・努力の積み重ねに違いないのだが、実際の本番に、その実力を十分発揮できる強さと失敗を恐れず挑戦する覚悟が身に付いてきているのかもしれない。また加えて、ロッテのボビーや今年のヒルマンといったアメリカ人監督はうまく日本人選手達を「のせる」ことに長けているのかも?
自由さと明るさと同時に、一体感を持つ組織、その成功例が日ハムでした。

 そして、そういったことすべてを自らアピールし続けた新庄の活躍は素晴らしかったです。彼はこの3年間で有言実行、北海道で球場を満杯にし、日本シリーズで優勝するという公約を達成しました。この男がここまで凄いとは!

 
[PR]
by harukko45 | 2006-10-27 02:08 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30