Kate Bush/「嵐ケ丘」と「少年の瞳を持った男」

 ケイト・ブッシュの1st"The Kick Inside"に入っている2つの有名曲のコード進行を追ってみましょう。それだけでも、なかなか楽しいし、刺激的です。

 Wuthering Heights(嵐ヶ丘)
イントロ(4)
 ‖A(add9) | A  | A(add9) | A   ‖
 (1拍目から/♪ミド#シミド#シミド#|ミド#ラ...| X2)
Aメロ(13)
 ‖A  | F  | E  | C# (2拍目から/♪ミファソ#ファ↓ソ#ド# )‖X2
 ‖A  | F  | E  | C#  | A♭  ‖
Bメロ(7)
 ‖E♭m7/ G♭| F   | E♭m7/ G♭| F   |
 | E♭m7/ G♭| F   | F     ‖
Chorus(7X2)
 ‖G♭(2拍目8分裏bassF)/ E♭m7 | A♭ ‖2/4) D♭
 ‖4/4) G♭ | G♭ / A♭  ‖2/4) D♭‖4/4) G♭ ‖X2/ D.S time to Coda
Bridge(1)
 ‖A(add9)  ‖D.S to A

Coda/ Dメロ(13)
 ‖B♭m  | A♭  | G♭  | E♭m7/ D♭ ‖X2
 ‖B♭m  | A♭onB♭| G♭(add9)| B♭m(sus4) |
 | B♭m(sus4)
Chorus X-times Repeat & Fade Out.

 イントロをAで始まっていながら、Aメロで1小節ごとにあちらこちらに彷徨い、BメロではB♭m想起しながら、サビはD♭へ。しかし、微妙に配置された2/4が常に刺激する。で、G♭から短3度上のAのコードに跳躍して、2コーラス目へ。
 丸2コーラス終了後に、D♭の平行調B♭mで進む大サビともいう部分は、この中でも一番分かりやすい。が、サビに戻るところのG♭、B♭mのアルペジオがなかなか凝ってる。
 で、この曲の印象的なサビは決して終結することなく永遠に続く。

 The Man With The Child In His Eyes(少年の瞳を持った男)
Aメロ(12)
 ‖Em(1拍目から♪ミソミ↑ミー)| GonD | C / GonB| Am  ‖X2
 ‖Bm / F#monA | A / Asus4 A | B♭ / FonA | Gsus4 G / G
Bメロ(6)
 ‖G / F#onG| FonG / EmonG| E♭onG ‖
 ‖DmonG / ConG| BdimonG / AmonG| A♭M7onG ‖
Chorus(9)
 ‖C GonC/ C GonC | B♭ FonB♭/ B♭ FonB♭ |
 | B♭ / FonA | Gsus4  ‖
 ‖C GonC/ C GonC | B♭ FonB♭/ B♭ FonB♭ |
 | B♭ / FonA | C(add9)  |
 | C(add9)  ‖D.C

e0093608_16502882.jpg 美しいメロディを持った、比較的分かりやすい曲なのだが、実際にはなかなか凝っている。それをあまり感じさせずに、流れよく進んでいくあたりが才能の見せ所?
 Bメロはかなりメルヘン・チックなアルペジオで、コードネームだけでは表しにくいし、人によっては違う表記になるだろう。でも、素晴らしい構成力。なぜなら、Em/Gのキーで始まった曲が、このBメロ前2小節で展開して、妖しく幻想的な和音の流れに惑わされながら、いつのまにかCへ転調していく、それもサビ前のコードとピアノの崩れるような短いフレーズがオシャレ。サビの4小節目、7,8小節目のピアノのアルペジオの決め方もカッコイイ。ただし、激しくアルペジオを弾いた後に、すぐに弱音でEmの頭に戻るところはむずかしい。
[PR]
by harukko45 | 2006-07-28 02:28 | 聴いて書く

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30