Kate Bush/Aerial

 去年の秋に出ていたケイト・ブッシュの12年ぶりの新作"Aerial"に、今頃はまっている。こういう音楽は毒気が多いから、習慣性が強いのだ。だから、ピンと来ない時は全然聴かないで一向に問題ないのだが、一度その魅力に気づくと毎日1回、いや2回3回と聴きたくなるのだった。

 イギリスの天才女性アーティストのケイト・ブッシュについては、日本でも強力なファンが多く、このアルバムについての深い考察はネット上でもいろいろ見る事が出来る。だから、私は今そういう方々からいろいろ学ばせてもらっている感じだ。特に歌詞について、テーマについてなどはまさにそう。

 私が初めてケイトを知ったのは、80年代中頃に飯島真理さんのバックバンド「たこやき大将」(すげぇー名前?!)をやっている時だった。その頃のツアーで、真理さんは"Oh England My Lionheart"という曲をピアノの弾き語りで歌っていた。私はすっかりその曲にまいってしまい、真理さんからオリジナルはケイト・ブッシュであることを教えてもらったのだった。

 で、すぐに全アルバム(当時は"The Dreaming"までの4枚)を購入して、プロモ・ビデオやコンサート映像もそろえたほど、一瞬にして大好きになったのだった。
 その頃のアルバムにはそれぞれ聴き所があって、どれも素晴らしいし、美しく刺激的な楽想にあふれている。
 だが、その後"Hounds Of Love"以降の3枚には、あまり共感できなかった。さすがの天才も燃え尽きたか? 

 そこへ、ずいぶん経ってからの新作だ。実は最初あまりピンと来なかった。かつての「天使か悪魔か」といった、一歩間違うと狂気の世界に落ち込んでしまう表現は聴かれなくなっていたし、全体のサウンドもおとなしい感じがして、いま一つ食い足りない印象だったのだ。

 が、ここ最近やけにこのアルバムのサウンドを欲してたまらない。とにかく「美しい」音楽だ。別にポップかどうかはどうでもいいかもしれない。基本的には生の楽器、ミュージシャン、もちろんその中心に彼女自身の美しい美しいピアノ。何と言うコードワークの素晴らしさだろう!
 ボーカルはぐっと控えめで、抑制された歌い方に徹している。でも、それがいい! 

 それと、全体の音質があまり今っぽいコンプレッション・サウンドでなく、生演奏の良さを生かした自然なダイナミクスを持ったもので、ぱっと聴きの迫力は他の新作に負けるが、そのかわり何度聴いても耳が疲れない。これは大変素晴らしいことだと思う。だからこそ、長く飽きずに聴き続けられるのだった。

 全体としては「癒し系」「アンビエント・ミュージック」とも言えるが、やはり彼女はその程度の枠におさまるアーティストではない。特に際立って目立つ曲がないかわりに、Disc1,2を1部2部としてとらえ、その豊かな流れに身を委ねていけばいい。そうして聴き進めて行くうちに、いろんなところに多くの発見のある深い作品であることに気づくのだった。
[PR]
by harukko45 | 2006-07-26 00:46 | 聴いて書く

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31