大橋純子クラブサーキット2006/大阪Blue Note

e0093608_14391031.jpg 大阪ブルーノートにおける19,20の2日間4ステージを終えて、只今帰ってきました。残りは28日の六本木スイートベイジルのみとなりました。

 今年のクラブサーキット3カ所目となると、ステージサイドもかなり気持ち的に余裕が感じられてきました。特に今年は、春先から定期的にこつこつとリハを重ねて来たこともあり、いっそうそのように思うのかもしれません。

 おかげさまで、2日間ともたくさんのお客さんに来ていただき、そして大いに盛り上がってくださり、感謝感謝であります。やはり、伝統的(?)に大阪の方々はコール&レスポンス、あるいはボケとツッコミの基本ができていらっしゃる! なので、こちらのパフォーマンスに対してビビットに反応が帰ってくるのが大変楽しかったのでした。もちろん、大阪ブルーノートのスタッフによる、いつもながらの完璧なケアのおかげで、気持ちのいい大阪滞在ができたことは言うまでもありません。

 この段階になると、演奏面での大きな修正もなく、より熟成度を高めるべく細かいニュアンスに神経が行くようになり、それが全体の流れに大きなメリハリを自然につけられるようになるわけです。ノリのある曲はとことんワイルドにイキまくり、メローなミディアムナンバーはクールな気持ちをキープしてアーバンなムードで、そしてバラードではネットリと深く音楽に沈潜する、といった具合に。
 それらが、かなりうまくいってメンバー全員の充実感がとても伝わってきたのでありました。

 さて、そんなせっかくのツアーもあっという間に終わりが見えてきた今は、少し寂しい感じもありますが、この好調な流れの集大成を大ラスのスイートベイジルでお聴かせできるよう奮闘努力する所存であります。まさに、ワールドカップ決勝にのぞむように準備を整え、気持ちもより上げていきますよ、ヨロシク!

関連
Photographs/クラブサーキット2006BlueNote大阪編

[PR]
by harukko45 | 2006-07-21 15:23 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30