W杯2006/フランス1-0ブラジル

 ブラジルはついにドジった。というか、こうなるのは時間の問題だったのかも。やはり見ているものが共感できないような試合をするチームには、何かうまくいっていないものがあるはずだ。

 優勝をねらうチームは、各選手のコンディションをじょじょにトーナメントに向けて上げてくると言われていたし、グループリーグでは100%にはしない、ということらしいが、それをこの大会でおこなっていたのはブラジルとフランスだけ。が、フランスは本当にパフォーマンスが最悪で、監督との確執もあり、対戦相手も健闘したために、かなり苦しんだ。それゆえの2位突破だったが、それがフランスにムチをいれたのだろう。

 方やブラジルは簡単な相手ばかりで、かなり楽勝で上がって来た。ロナウドの調子は上向きなどと言っても、彼の3ゴールのうち2つは日本戦じゃないか。全然その証明にはならない。 やはり、パレイラ監督がいくらロナウドをかばおうとも、絶不調の彼を使い続けたために、ロナウジーニョ、カカ、アドリアーノ、ロビーニョ(後からロナウドに奪われた)の真「魔法のカルテット」は結局全く機能せずに終わってしまった。
 
 ロナウドばかりでなく、アドリアーノも本来の姿ではなく、ロナウジーニョも「宇宙人」から「凄い地球人」に格下げ。またロベカル、カフーのベテラン両サイドバックも生彩なく、やはり全体としてコンディション作りに失敗、または油断したとしか言いようがない。
 これだけのタレントを有しながらも、ほとんどその能力を引き出す事ができなかった監督の責任は大きいね。
 にしても、この試合の先発フォーメーションは何ですかねぇ? 守備的ですか? 大失敗でした。やはり何かが狂うと、自分達のサッカーも信じられなかったのだろう。「美しいサッカー」など全くなかったブラジルよ、さようなら。

 さて、逆に、その監督責任論では大会前から言われ続けたフランスは、「最後のジダン」という大きなお題目にすがる事で、思わぬ復活を遂げた。1次リーグでの出来から想像できないほどの現在の良さだが、「私は常にチームと一緒だ」みたいなドメネク監督のコメントもちょっと調子良すぎるなぁ。でも、ブラジル倒したんだから、口も滑らかになるわな。

 ただし、地に堕ちたロナウドに比べ、ジダンの絶好調は本物であり、あらためて彼の素晴らしさに感動するばかり。今の彼のプレイぶりには敵味方を越えて、誰もが拍手したくなるに違いない。
 当初、嫌いだったリベリーも何だかうまくハマってきてるなぁ。やっぱり勝利が一番の薬なんだねぇ。

 さて準決勝2は、我がポルトガル対復活のフランス、そしてフィーゴ対ジダン。とかく「ジダン最後の...」って言われちゃうけど、フィーゴだって現役はともかくW杯は最後だ。幸いデコを始めとするフルメンバーで強固なフランス守備陣に立ち向かうことが出来る。大方の予想ではフランス有利らしいが、私はポルトガルの決勝進出を信じている!


 
[PR]
by harukko45 | 2006-07-02 22:53 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31