W杯2006/ドイツPK4-2アルゼンチン

 伝統国同士、過去の因縁もあるし、やはり今回もある意味ドラマティックでしたなぁ。ただし、実際のプレイを競い合って戦ったというわけにはいかなかった。現代サッカーの悪しき常識である「潰し合い」「消し合い」「壊し合い」の結果のPK戦と言えよう。

 特に前半は、お互い堅い守りと激しい中盤の潰しで、決定的なシーンはほとんど作れなかった。あまりにもガチガチに良さを消し合っていたので、ずっと膠着状態が続き、少々眠気を誘う感じでもあった。もちろん、選手は必死だけどね。

 ただ、こうなるとセットプレイからの得点ぐらいしか期待できなくなる。勝負にこだわる緊迫感は伝わるが、なかなか生き生きした素晴らしい技術を見せ合うシーンは皆無だったのは残念だった。

 後半早々、その思った通りのコーナーキックからアジャラがゴール。前のメキシコ戦同様、ほとんどこの日も仕事させてもらっていないリケルメも、ここでは見事なボールを供給したもんだ。おまけにアジャラのマークがクローゼだったというのも、その後の伏線になっていく?

 でも、この得点でずっと胃もたれの続いた試合がいきなり動き出して面白くなって来た。思うに、ドイツはアルゼンチンに対して慎重すぎたかもしれない。バラックが退き気味で今までのような速い攻撃が全然出来ていなかった。が、この失点で俄然、前掛りになってチームが本来のリズムを取り戻したのだった。
 それでも、これまでの相手とはディフェンスのレベルが違う。ドイツの圧力にたいしてもアルゼンチンの守りはうまい。アジャラは「悪くて」いい!審判の見えない所でいろいろやってますし、読みもいい。背は低くても、全然負けてない。
 いやー、ドイツの勝ちを予想してたのに、アルゼンチンを応援しちゃいました。若くてよくまとまったいいチームなんだもの。まだまだ見たいじゃないの!

 ただし、71分のGKの故障交代がペケルマン監督には痛かった。アボンダンシエリを壊したのは、ゴール前の混戦で飛び込んだクローゼの膝蹴りでしたなぁ。そしてリケルメに代わってカンビアッソ。これは理解できます。かなり押し込まれてきていたし、中盤をもう一度制圧するためにも有効。おまけに、リケルメのところでゆっくりになる攻撃から、速攻に切り替えることができる。ただし、次の手が問題になる。高さを考えてのクルスもわかるけど、速いメッシは?
 ここで、予期せぬGK交代が響いちゃったのだった、うー苦しい。

 その直後の80分、バラック、ボロウスキー、クローゼとボールは一度も地面に触れずに空中を飛来してゴールに吸い込まれた。おー、再びクローゼ。今日は失点、相手GKの故障、そして同点と全ての要素にからんだ最重要人物だった!!

 しかし、さすがアルゼンチン、リケルメとクレスポいなくても、ちゃんと試合をもう一度仕切り直せるのだから、素晴らしいね。特に延長後半など、バラックが足の故障で動けないドイツよりも元気で勢いのある攻撃を繰り返していた。だが、ゴールを決めることはできなかった。逆に言えば、ドイツも手負い(足手まとい)のキャプテンをかかえながら、よく踏ん張ったのでした。

 さて、あくまで勝負は引き分け、だからPK戦は辛いのう。始まる前にレーマンを励ますカーン、ずっと仲悪かったのにねぇ、こんなところもドラマですなぁ。
 ビシビシ決めるドイツはさすが「ゲルマン魂」でしょうが、完全アウェイのアルゼンチン、あーそしてアジャラよ。何でこういう時に彼に蹴らせたかなぁ。そしてカンビアッソもかなりのプレッシャーに助走の段階で失敗しそうな雰囲気だったよ。

 確かに死闘だった。でも、ともに攻撃力の優れたチーム同士。もうちょっと違う展開の戦いが見たかったよ。アルゼンチン無念。
[PR]
by harukko45 | 2006-07-01 11:42 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30