Bally Sagoo/Bollywood Flashback

 最近は90's再評価の傾向があるらしい。別にそれを意識したわけじゃないが、私自身もDJ Shadowなんか引っ張り出すってことは、知らないうちにそういうムードにシンクロしてるってことなのかも。

 それで、94年リリースでその頃今はない六本木のWAVEの店内でかかっていたのを即買いした、インド人DJ/Bally Sagoo(バリー・サグー)の"Bollywood Flashback"も久しぶりに聴いておりました。
 発売当時はバングラ・ブームが少し落ち着いてきた頃だったけど、そこにこのボリーウッド(ボンベイの映画=ボンベイ+ハリウッド)音楽のRe-Mix盤が登場して、バングラ系のトリップ・ホップってやつかいな?てな感じで、ずいぶん聴いたのを憶えている。でも、そのうち聴きすぎで飽きちゃって。
 そういえば、インド映画ブームもあったなぁ。「ムトゥ 踊るマハラジャ」、何だかえらく盛り上がった記憶が。ストーリーはともかく歌と踊りのシーンは最高でしたよ。

 そんなインドものもブームが終わって忘れられたと思ったら、ここ数年バングラが復活してアメリカのR&Bでも登場してるし、日本でもアムロちゃんがカッコ良くキメておりますねぇ(アムロちゃんはK氏プロデュースの頃とは大違いの最近の充実ぶり)。時代は巡るのでありました。

 バリー・サグーも当時インド系のスターDJだったけど、今のUKエイジアン・シーンの中ではそれほどでもないみたい。でも、"Bollywood Flashback"は良いアルバムです。今聴いても、彼の「切ない系」の音作りが妙に心にしみる。特に、m3"O Saathi Re"は最高にキュンとくる傑作。使われている60年代の名歌手らしいIrene Perveenさんの素晴らしい声と歌(コブシやポルタメントのテクニックがすごい)がとにかくシビレルのだが、サグーのアレンジもとっても良く出来てて、かなりアーバンな仕上がりでカッコイイのだ。ちょっと「元ちとせmeets Janet Jackson」風かな?
 その他の曲の出来も良い。リズムのアプローチが無難なところもあるけど、それがかえって元曲の良さを殺していないと(元ネタ聴いてないけど)思える。だから、全ての曲が「歌もの」として十分楽しめるRe-Mixなのだ。

 サグーはイギリス育ちの影響か、全体に「裏」を感じさせるような哀愁感があって、それが作品の深みになっているのかもしれない。
 ネットで調べてみたら"Bollywood Flashback"は、2000年にVol.2も出ていたが、人によって賛否両論だった。それについては、実際に聴いてみなくてはわからないけど、とりあえずVol.1は大好きなアルバムであります。
[PR]
by harukko45 | 2006-05-21 18:50 | 聴いて書く

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31