SEEMA/新横浜ベルズ

 昨夜は新横浜のライブハウス、Bell'sでシーマのライブだった。我々は3番手で、他にも3バンド出たんだけど、お客さん少なかったなー、残念。

 でも、そういう時にとんでもなくいいパフォーマンスになるんだから、音楽って面白いし生き物だ。
 セットリスト m1.朝のリレー 2.裏道ノスタルジー 3.As If 4.タバコ・エンド 5.Justis 6.朽ちた果実

 全6曲中、m1はピアノだけ、2はベースだけ、3はギターだけのバックでシーマが歌い、バンドとしては後半3曲だけという構成で、全体の演奏量はあまり多くないのだけど、充実感はかなりのもので、やはり質が高ければ満足感があるということだな。

 とにかく、今回のシーマの発するオーラとでも申しますか、歌に託された気迫とでもいうものが非常に力強くて、こちらが一瞬たじろぐような雰囲気もあった。とは言え、観ている人にはわかりにくい部分だろう、かなり内面的なやり取りだし、ステージ上の時間はスピードが早いからね。

 シーマのお相手をするトップバッターは私だったのだが、「出来る限り無駄を排したい」と心がけてやったつもり。それが、お互いのいい意味での緊張感をより高めたかもしれない。それを引き継いで、ベースの山本直哉君(リナンの仕事でも一緒)が高い技術で、ビシーっと決めてくれたので、何ともいえない独特なムードが醸し出されて良かったのだ。(自分の出番が終わると客席で聴けるのがライブハウスの良さでもある)
 まるで、体操の団体戦みたいに3番手はギターの(黒澤)大ちゃん登場だけど、これまた巧みなディレイ・サウンドが心地よく、サビの部分では逆にシーマを煽るようなところがあって、なかなかスリリングだった。

 その後は、ドラムの麻生君を加えていつものフォーマットで3曲続けたが、何と言ってもシーマ自身が高い集中力をキープして、その歌が全体をコントロールしていた。だから、よくメリハリの効いた、それでいてバネのある伸縮自在のグルーヴを失わない演奏になったと思う。
 ここ何回かのシーマのライブでは最高の出来だった。

 リナン、ジャビー、シーマと連続して密度の濃いライブを体験すると、少々身が持たない(神経が疲れます)感じだけど、常にこのぐらいのテンションの高さでやり続けられれば幸せになれるよ。頑張ろう!
[PR]
by harukko45 | 2006-05-11 01:57 | 音楽の仕事

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31