世界卓球女子/日本2-3香港

 くー、残念。世界2位の香港強かった。初戦の愛ちゃんの勝利で、かなりイケル!って感じだったが、2番手の金沢選手が2ゲーム先取していながらの逆転負け。が、続く福岡選手が素晴らしい粘りの逆転勝ちで、相手を追いつめたものの、その後は香港の世界ランク・シングルの実力の前に完敗だった。

 いやいや、やはり今までの相手とはレベルが違ったね。もちろん、勝利は紙一重なのだが、そのほんの少しを越えることがものすごく難しいということしかないね。それはどのスポーツの勝負にも言えることだった。

 しかしまぁ、卓球!久々に面白かったですよ。球技の中でもっとも小さな空間で相手と対するので、すごく精神面の強さが必要だし、それによる流れの移り変わりで勝負が決まって行く過程に、見ていてしびれたのだった。

 今回世界ランク・シングルの強豪をことごとく倒してきた愛ちゃんは、その実力がただのミラクルではないことを証明した。まだまだ強くなるだろうし、アテネ・オリンピックの時に言っていた「楽しむためにここに来たんじゃない」という強い気持ちを今後も持ち続けていってくれれば、必ずや頂点への道は開けるに違いない。
 そして「一生懸命やって負けたのなら、もっと練習すればいい」という彼女の最近の言葉にこちらも勇気づけられるのだった。

 負けたのは悔しいが、次を感じさせてくれるいい戦いぶりだったと思う。
[PR]
by harukko45 | 2006-04-29 22:30 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31