世界卓球女子/日本3-1ハンガリー

 世界卓球の準々決勝、日本女子は見事にハンガリーを撃破。これで、前回同様の銅メダルは確保した。

 実際には3-0のストレート勝ちだったのだが、1番手の福岡選手が試合後に思わぬ失格負け。ラケットにラバーを貼付ける接着剤の違反だとの説明に、にわかに「WBCの再来か」と思ったが、そこを福原、金沢両選手の素晴らしい活躍で文句ない見事な勝利をつかみ取った。

 それにしても、愛ちゃん凄かった! 2番手はともにエース同士で、1ゲーム目は大接戦で相手に取られたものの、その後すぐに切り替えてからの気迫のこもった戦いぶりには見ていて圧倒された。最終セットまでもつれたものの、最後は相手エースを叩きのめしたような凄まじさを感じさせた。

 それを受け継いだ3番手、金沢選手はこれまた圧倒的な強さと美しさで、ストレートの完勝だった。あまりの強さに相手選手の顔が最後には蒼白になっていた。彼女もこれまでと違って、気合いを全面に出した試合ぶりで、感情を表に出すことで自分自身を高めていたようだが、全体に気品があって美しいね。それにしても絶好調ぶりが頼もしいし、この安定感は素晴らしい。

 そして、やらなくてもよかったはずの4番手には、再度愛ちゃんの登場。今度の相手は格下だったにもかかわらず、全く手を抜かず、スーパーショットの連続で圧勝した。常に攻めの姿勢を変えない彼女の集中力と忍耐力には本当に恐れ入りました。あの泣き虫愛ちゃんなどもういない、堂々たる勝ちっぷりにしびれた!

 次も勝って、ぜひ決勝を中国と。 
 中国にはスーパースターの王楠選手がいるんだな。愛ちゃんとはチームメイトでしょ(元だったかな?)。それでもって、彼女は美しいのよね。いやいや、是非とも日本頑張って念願の金を勝ち取ってくれ!
[PR]
by harukko45 | 2006-04-28 23:23 | スポーツ

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31