The Rolling Stones/Aftermath

 昨日は大橋さんの仕事で福岡にいて、ショウが終わってからしこたま飲んでしまったので、少々酒の残ったまま帰って参りました。イヤハヤ、そろそろ年齢を考えて自重せねばね。でも、盛り上がって楽しかった。

 さて、ストーンズ最初の傑作は66年発表の"Aftermath"。でも、これもUK盤とUS盤があるのよね。私はUK盤しか聴いていなかったので、US仕様に曲順を入れ替えたものも今回聴き比べてみた。

 で、1曲目が"Paint It, Black"で、ハァーこれはこれでありかな、とも思いつつ、やっぱり大好きな"Mother's Little Helper"がカットなのは困る。全体はフォーク調だけど、ストーンズの毒気が満載でいいのだな。それに、エンディングのミックの「Hey!」なのか「ホイ!(なわけないやろ)」なのか、とにかくあそこがいいのだ。このエンディングが楽しみでしょうがないのだった!

 m2"Stupid Girl"はカッコイイ。ストーンズも短い時間にすごい成長だ。続く名曲"Lady Jane"はフォーク・ソングにクラシカルなエッセンスを入れた傑作。こういう雰囲気のミックは絶妙にキマってるなぁ。
 m4"Under My Thumb"ほど、クールなカッコ良さを持った曲って他になかなかない。これをイギリスの白人ミュージシャンが書いたんだからすごいセンスだ。ブライアンのマリンバは「くー、タマラン!」を何十回言っても足りない。

 渋いブルーズの"Doncha Bother Me"の後にUSは"Think"になってポップ色が増すのだが、ここはUKの"Goin' Home"でドロドロになって、セクシーな妄想に溺れましょう。この曲全体のサウンドには何とも言えないマジックがあって、短く切らなかったプロデュースが素晴らしいと思う。
 で、m7"Flight 505"m8"High And Dry"のような南部風もなかなかのキメ方で、良いのです。
 チャック・ベリー調の"It's Not Easy"ではミックの「hard」の歌い方にクラっとして、続く"I Am Waiting"の英国風なひねった作りもおもしろい。

 やはり、このアルバムはUK盤で聴いて、傑作シングル"Paint It, Black"はベスト盤("Big Hits")で聴くことにしましょう。
[PR]
by harukko45 | 2006-04-03 18:23 | 聴いて書く

おやじミュージシャン和田春彦の日記でごじゃる
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30